最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

観光列車

トロッコ列車 奥出雲おろち号へ

好天の11月5日、トロッコ列車「奥出雲おろち号」へ乗車。

紅葉シーズンも真っただ中、トロッコからの景色をのんびり眺めてみよう・・・の旅です。

7

 備後落合駅(無人駅)から出雲三成まで、約2時間。
トロッコ列車ですから、座席は板の椅子というか木のベンチですので、乗り心地はあまりよくありません。
 列車は、ディーゼル機関車に、気動車とトロッコ各1両をつないでいます。 
 座席指定で、気動車とトロッコは同じ座席番号で、雨天時矢トロッコに飽きたとき、寒い時などは気動車のほうに移動できます。(気動車はトロッコの予備ですね)
 
 定刻に備後落合駅を出発、ボランティアガイドさんの流暢な沿線ガイドを聞きながらの旅です。

11_2

ガイドさんのユニフォームですね。 ちゃんと奥出雲おろち号となっています。

3

列車の席はほぼ埋まっています。
皆さん最初は、トロッコのほうにいたのですが、11月で、今年一番の低い気温だったこともあり、次第にトロッコに座っているお客さんは減っていきます。
最大の見どころ(?) 国道の奥出雲おろちループの景色を眺め(列車は徐行してくれます)と3段スイッチバックを通っていきますが、スイッチバックの2段目に駅があり、約20分停車しています。 この駅で降りて、延命水を飲み、地元の農産物を物色し、列車に戻ります。  

13

1

奥出雲大ループです。 上の写真の赤い橋の右側が、下の写真の左側の上の道に続いており、手前の道路を通って、真ん中あたりに白い小さい道路がちょっぴり見えますが、底に続いています(ここがこの木次線一番の景色です。 
 
列車はこのループの外側をぐるりと回って、向かい側で3段スイッチバックになります。
快晴の青空の下、紅葉し始めた山々の木々をめでながらの2時間、寒い中トロッコで最後まで頑張りました(意地かな)
この木次線、備後落合から下りは平日は4本、土日休日は2本しかありません。
もちろん 宍道方面からの上りも同じ本数ですが、そのうちの1本は「奥出雲おろち号」ですので、廃線の危機(?)ですかね。  観光客以外は乗っていないようでした。 
出雲三成で下車し、鬼の舌震まで、足を延ばしてみました。
 

観光列車「ラ・マルド・ボア」に乗ってみました

 10月8日は観光列車の旅で、今回は、JR西日本の岡山を起点に走っている「ラ・マルド・ボア」の、山陽本線編である「ラ・マルド・しまなみ」です。  岡山から倉敷を経て尾道に至る観光列車です。

Dsc_0742

Dsc_0739

駅弁を購入し、倉敷から乗り込みます。

Dsc_0743

 列車は2両編成で、1両目は、山側が進行方向に向かって2人掛けのシートが並び、海側は窓に向かって1人掛けのシートが並んでいます。 2両目は、海側と山側のシートの配置が1両目と逆になっています。 
 また、サイクリングをする方のために、列車内に自転車を持ち込むことができるようになっています。
 車内は、オリジナル制服を着用した若い女性乗務員が、沿線案内や記念撮影などのサービスでもてなしてくれます。
 弁当からや飲み物の空き瓶などが出たらすぐに片付けてくれ、
 記念写真は備え付けてあるインスタントカメラ「チェキ」で1人1枚撮影し、記念にいただきました。 
 2両目にあるサービスカウンターでは、記念グッズやお土産、飲み物などを販売しています。   もちろん記念乗車証もいただけます。
 終点の尾道駅では、駅員さんと、着ぐるみの〇〇ちゃんが横断幕をもって迎えてくれました。 

Dsc_0746

 先日の近鉄電車の青のシンフォニーと同じような感じでしたね。 でもサービスはこちらのほうがよかったな・・・・ 

青のシンフォニーです

近畿日本鉄道の観光列車の「青のシンフォニー」に乗ってきました。

大阪 阿部野橋駅発14:10 の列車です。
昼は、大阪城近くの太閤園・淀川亭で済ませ、阿部野橋駅まで移動、出発時間まであべのハルカスで時間を過ごし、改札口を通り、青のシンフォニーに向かいます。

Dsc_0608

車内は広いソファーのような座席が並んでいます。
座席の向きは、固定されていて対面になっているものと、回転するものがあります。
それぞれ座席にはテーブルがあり、飲み物や軽食を置くことができるようになっています
1号車と3号車が、客室で、真ん中2号車は、ラウンジカーになっており、カウンターで軽食や飲み物を買うことができるようになっています。
車内は、1/3くらいの座席が埋まっている位で、すいていました

Dsc_0611

昼に少しアルコールを体に入れていますので、ここでは、季節のスイーツとコーヒーにしました。

Dsc_0609

伊勢志摩サミット」でデザートを担当した「志摩観光ホテル料飲部 製菓長 兼 大阪マリオット都ホテル料飲部 ペストリー料理長」赤崎哲朗氏の車内限定オリジナルケーキです。
車内で食べるものとしては、高いとは思えない価格設定で、見た目もきれいで、
味は、おいしかったです。  列車内で食べるからなおそう思うのかもしれません。
もちろん、スイーツを食べながら、沿線の景色をめでて、少しの時間を過ごしました。

伊予灘ものがたり号

 2016年11月26日、JR四国が運行している観光列車「伊予灘ものがたり号」に乗ってみました。

10時50分に大洲駅をでて、13時10分頃に松山駅に到着する、双海編です。
ちょうど昼食時にかかるため、ランチ付きです。
大洲駅に到着すると、目的の列車は、ホームに待機しています。
20161126_2
列車は2両編成で、車両の赤いほうが八幡浜側、オレンジ色のほうが松山側になります。
車内の様子です
20161126_4
席には、箸とおしぼりと献立がおかれています。
この日の献立は次のとうりで、たくさんの種類があります。
20161126_5
列車が動き出すと、車内アテンダントの紹介があり、次いで料理が運ばれてきます。

20161126_7
右上のワインは、別メニューです。
残念だったのは、水もお茶も出てきません。(水は別料金でした)

この後、食後のコーヒーが出てきました。
デザートは・・・・ケーキが出るかと思ったら、芋羊羹で、最初から 重箱の一角に納まっていました。

コーヒーは大きなカップで、たっぷりあり、よかったです。

20161126_9
一両目の中央部にあるカウンターです。

20161126_1
左側が、海(伊予灘)側で、海を見ながら食事ができるようになっています。
右側は、山側で、海がよく見えるよう(?)左側よりも少し席が高くなっています。

列車のスピードは、あまり早くはありません。
途中、自転車に追い抜かれました。

途中2つの駅で、15分ほど停車します。

20161126_8

TOKIOのTV番組 DASH島も見えます。
アテンダントのお姉さん(?)が途中、要所要所で車内案内してくれます。

約2時間、楽しいひと時を過ごすことができました。

これまで、いろいろな観光列車に乗ってみましたが、この「伊予灘ものがたり」は、車内も広く、居心地もよく、よかったです。

今一つだったのは・・・・オレンジ食堂ですかね・・・・車内(席)は窮屈で、テーブルも狭く・・・・・(お土産がたくさんついていましたが、料金がそれなりの価格だったので・・・・・

もちろん この「伊予灘ものがたり」もお土産はありました(琵琶茶)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次に乗ってみたいのは、

越後ときめき鉄道の「雪月花」ですが。どうなりますやら・・・・
 

北近畿タンゴ鉄道の「クロマツ号」乗車

11月7日、北近畿タンゴ鉄道のレストラン列車・くろまつ号にのってきました。
当日の予定は、12:04 天の橋立駅発、ランチを味わい 途中 大江駅でいったん下車、駅前近辺を散策し、14時間20分 福知山駅着というものです。

20161107_5_2

 宮津駅まではこちらが前ですが、宮津駅からは逆方向に進んでいくため、こちらが後ろになります。

20161107_3

車内は、4人掛けと2人掛けのテーブルが5つづつ設置されています。

車内に乗り込むと、メニュー表や、おしぼり、箸などがセットされています。

Dsc_2043

途中の大江駅までに食事を済ませるように案内がありました。

大江駅で下車した後は、地元産品のショッピングや甘味処の案内だそうです。

Dsc_2049_2

20161107_6

途中下車した大江駅は、酒呑童子の大江山のある駅で、小倉百人一首にある、「大江山いく野の道の遠ければ、まだふみも見ず天の橋立」と読まれた大江山です。

 このため駅前は鬼瓦公園になっており、大きな鬼瓦のモニュメントや、全国各地の鬼瓦が灯篭のように並んでいます。また、マンホールのデザインも鬼になっています。

くろまつ号のランチでは、コーヒーやデザートが出なかったので、なんでだろうと思ったのですが、大江駅で下車して理由がわかりました。

 くろまつ号の男性の乗務員の方に連れていかれたのは、駅から歩いて2分ほどのところにある地元の方が開いている甘味処です。 ここにくろまつ号のお客さんのために、食後のケーキと果物とコーヒーが用意されていました。 

デザートを食したあと、時間があったので、駅前にある鬼瓦を鬼の人形を作る参考にしようと、ぶらりと見て回りました。

くろまつ号に戻ると、テーブルの上はすっかりきれいに片付けられていました。

 

20161107_1

Dsc_2051

Dsc_2057

Dsc_2055

Dsc_2058

 

 

 

 

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に乗ってきました

 観光列車、JR九州の「オレンジ食堂」、JR西日本の「花嫁のれん」、北近畿タンゴ鉄道の「丹後の海」に続く観光列車の旅として、しなの鉄道の「ろくもん」に乗ってみました。
 梅雨時のため、天気が心配だったのですが、軽井沢駅から乗車するときは朝方からの雨も上がり、よい列車の旅が満喫できそうな感じでした。
 小生らが乗車したのは、軽井沢10時40分発長野行きの「ろくもん1号」で、洋食のコースランチを食べながら約2.5時間の旅です。(長野着は13時5分着)Dsc_1771

今年はNHKの大河ドラマ「真田幸村」の影響もあり、どうにか予約が取れたというものです。

全席指定で、小生の席にはすでに飲み物などがセットされていました。
先付けの、地鶏「真田丸」とフォアグラのパテとジャムがお皿の上には載っています。

Dsc_1772


飲み物は、ビール、日本酒、ワイン、ソフトドリンクナノの中から1種類選択です
(小生は、ワインを選びましたが、ビールは地ビールの缶2個、ソフトドリンクはリンゴジュースなど3本です。 ワインは赤または白です)
ミネラルウォーターは初めから1本ついています。

この日のメニューです。

Dsc_1791

軽井沢駅を出発すると、メニューの順番に出てきます。

Dsc_1777

右は、先付けの、生ハムとメロンで、
左は、信州産小麦のパンと旬のジャム(ブルーベリー)です

次に出てきたのは、オードブルで、
Dsc_1778
イワナの香草蒸しと信州サーモンの白樺チップのスモーク
信州ブタと地元野菜のマリネ
など   メニューに従って出てきます。

Dsc_1779
ご飯は、「佐久五郎兵衛米」と「むらさき米」の混ぜご飯に信州豊後梅の生ふりかけ

Dsc_1782

メインの「しなのユキマスのグリル」夏野菜のスープ仕立て
信州プレミアムビーフのサーロインステーキ
東御産有機野菜と自家製モッツアレラチーズ
(ユキマスのグリルは、お腹に入ってしまった後です)

この後デザートです

Dsc_1789
フォンテンヌブロー 優しいチーズケーキ とコーヒーです
(このチーズケーキが絶品で、お代わりをしたくなったくらいです・・・残念ながらおかわりはできません)

これで料理は終わりですが、お土産がありました。

Dsc_1788

列車にのている途中、ところどころで10分ほど停車し、イベントがありました。

食事をしながら、イベントに加わってみたり、周りの景色を眺めたりしているうちに、長野駅に到着しました。

 

丹後鉄道の「丹後の海」に乗車

京都丹後鉄道のリニューアル特急車両「丹後の海」で京都から天の橋立まで乗車。

桜のシーズンに入り、沿線は桜が咲いていることを期待して・・・・

Dsc_1388

京都駅31番線からスタートです。 特急はしだての1,2号車が丹後の海で、1号車が指定席、2号車は自由席、3号車からは従来の特急車両といった編成で運行しています。

2号車の後方にフリーの共用スペースがありますがすぐに埋まるようです。

1号車の車内は、天井や床、窓枠、ひじ掛け等に木材を多用しています。

シートは、少しがたがたしており、内装だけリニューアルしたことがわかります。

Dsc_1393

九州の”オレンジ鉄道”やしなの鉄道の”ろくもん”、金沢の”花嫁のれん号”、などの観光列車は食事などの提供がありますが、この”丹後の海”は普通の特急車両で、乗ってもらうだけです。

京都発12:25ですので、弁当をもって乗車。

Dsc_1398

伊勢丹の弁当コーナーで仕入れた・・六盛りの”てまりずし弁当”

歳を重ねると、これくらいあれば十分です。

食べた後は、車窓から景色を眺め、途中車両を切り離したり、方向転換したりと作業をしながら目的地の天橋立に到着、笠松公園で恒例の股覗きをし、帰途に向かいました。

なお、普通の特急列車ですから、沿線の観光案内は、福知山駅の手前でアナウンスのあった”福知山城”だけでした。

途中は桜は、1分~2分咲くらいで、桜よりも周囲の山の中に”こぶし”のような白い花の咲いている木がたくさんありました。

 

観光列車「花嫁のれん号」の旅

 1月最後の土日の2日間、今が旬(?)の北陸金沢の観光列車「花嫁のれん号」に乗車してきました。
 
 正午過ぎに和倉温泉駅から乗車し金沢駅に向かう「花嫁のれん2号」です。

Dsc_1198

12時前に乗車、座席は指定制で、私共は、1号車の「錦秋の間」でした。
内部は4人の区画や2人の区画、などいろいろなつくりで、区切りごとに壁面の模様が異なっており、「錦秋の間」は、壁にモミジなどが描かれています。

Dsc_1206

各スペースごとに、椅子・テーブルの大きさが異なっており、壁と太い木の棒で区切っています。 同じ料金でいろいろ差があるのは・・・・(隣の区画は同じ2人用なのに少し狭いし、持ち物置くスペースがないなど・・・)

Dsc_1200

和倉温泉駅を出発すると、軽食とお茶とおしぼりが運ばれてきます。
2号車のイベントスペースで、琴の生演奏がなされており車内に放送されます。

この日の献立は、写真の通りです。 (美味でした)

Dsc_1203

Dsc_1201

食事がすむと、乗車記念のお土産(この日は、千里浜なぎさドライブウエーのPRの絵の入ったハンカチと、乗車証明書)の配布がありました。

Dsc_1204

食事も終わった段階で、車内探検
1号車後方には飲み物などのショップと加賀の工芸品の展示スペースなどがあります。
この空間は金箔が壁に貼られており、華やかな感じです。
カウンターでコーヒー(別料金)を頼むと席まで持ってきてくれます。(そこまでしなくてもとは思いましたが・・・)

和倉温泉駅から金沢駅まで、約1時間15分の旅でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日のオレンジ鉄道の食事と比べて・・・・こちらのほうが美味しく、席も広く座席もゆったり・・・気持ちよく過ごすことができました。

 お土産は、オレンジ鉄道のほうがたくさんありましたが、料金が全く違うので、当たり前ですかね・・  ただ沿線の観光案内は、オレンジ鉄道は各所で案内放送がありましたが、こちらは全くありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次は、しなの鉄道の「ろくもん」乗車を目標にするつもりですが、今年はNHKの大河ドラマの真田丸があるので席がとりにくいかなあ・・・・

オレンジ食堂へ

 12月上旬、とても人気のある熊本県の肥薩オレンジ鉄道に乗車し、朝食を食べてみました。
JR九州のクルーズトレイン”ななつ星”などをデザインした水戸岡鋭治さんのデザインの車両に乗り、景色をめでながら、食事をするというもので、列車は”おれんじ食堂”といわれています。
車内は明るく、席は外の景色を眺めながら、食事ができるよう配置され、木をふんだんに使った作りになっています。

Dsc_1109

 朝、9時過ぎに水俣駅から乗車し、朝食を食べながらの約1時間半、新八代駅までの旅です。 全席指定で、快速といいながら、ゆっくり走ります。
ちなみにランチですと、4時間かけて走る場合もありますが、この場合はあちらこちらの駅で長く停車します。

Dsc_1113

乗車すると、指定席で、滑り止めのランチョンマットの上に、ペットボトルの水、ペーバーナプキン、箸、スプーン、お手拭きがセットされており、席につくと、おしぼりが出てきます。

 次に出てくるのは、サラダ、食べるスープ、パン、デザート、コーヒーで、残念ながら、1品目のサラダしか写真に残していません。

社内の厨房とウェイターさんです。

Dsc_1110

Dsc_1115_2

周囲の景色の案内放送などを聞き、周囲の景色をめでながら、食事をします。

途中の駅ではお土産がいただけます。
その内容は、時期により異なるそうで、写真は今回いただいた分です。

Dsc_1129

食事が終わったら、車内探検(?)で、小生は1号車でしたが、2号車は写真のようになっており、席の配置が違います。

Dsc_1114_2

しばらくの間、楽しい時間を過ごすことができました。

新八代駅で降りると、改札口付近には、次の団体(ツーリズム)の方々が並んでいました。

結構人気があるのですねえ・・・・

 

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ