日記・コラム・つぶやき

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます

2018年も平穏な1日からスタートです。

P1040480

2018年は、戌年ですね。
ワンダフルな年でありますよう、心から願う次第です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまでの出来事を挙げてみますと
良いほうでは
・関門トンネル開通
・一万円札発行
・皇太子(今生天皇)婚約発表、民間から初の皇太子妃
・初の国産人工衛星(おおすみ)打ち上げ成功
・大阪万博開催
・上越新幹線開通
・日本人初の女性宇宙飛行士(向井さん)を乗せたスペースシャトル打ち上げ
など いろいろありますが
悪いほうは、
・オウム真理教による松本サリン事件
・日本航空350便墜落事故
・日本航空よど号ハイジャック事件
など大きな事件も起こっています。
良いほうの多い年であればいいのですが・・・・・

公渕公園の菊花展へ

絶好の行楽日和の11月6日、近くの公渕公園へ出かけてみました。

目的は、菊花展です。
駐車場に車を置き、菊花展会場へ移動します。
途中の桜の並木の紅葉は残念ながら終わっています
会場には、大輪の菊、盆栽仕立ての菊、懸崖仕立ての菊がたくさん並んでいます。
ちょうど満開といった盛りで、この時期に合わせて花が開花するよう調節(?)したのでしょうね。
このような立派な花を咲かせるのは大変なことだと思います。
土づくりから始めなくてはなりませんものね。 小生はみるだけにしておきます。

3_2

2

5

近辺の小学校の生徒さん方も、出品していました。

1_2

一通り、見てまわって、 公園の紅葉もと思いましたが、桜は落葉しており、モミジは未だ緑でしたので、このあと、さらに足を延ばして、大窪寺まで行ってみました。

架空請求のはがきが届いた。 当然無視します。

 オレオレ詐欺や架空請求の話が時々出てきますが、今日(19日)我が家にも架空請求のはがきが届きました。

Dsc_0495

 いかにも本当のような宛先住所があり、至急連絡しないと執行官立ち合いの上給料差し押さえ・・・・と書かれています。

・住所があるのに郵便番号の記載がない
・本物なら、重要書類であるのに、はがきである
・本物なら、相手がどこかわかるようになっているはずである
・法務省の組織に該当するものはない
・今日届いて、翌日が期限というように急がせている

など、いかにもおかしいはがきであり、ネットで、宛先住所、電話番号などを調べると、架空請求詐欺のはがきだということがわかります。

 でも、ネットで調べることができないような方々は、期限が翌日(20日)までとなっていることから、慌てて電話したりするのでしょうね。

 当然、高松南警察署に、このようなはがきが送られてきた旨、連絡しておきました。 (係の方曰く、連絡などせず無視してください)

 もちろん無視しますが、住所が知られているということは、これからもちょくちょく来るのですかね。  困ったことです。  こういうことをする人を厳罰に処する法律でも作ってもらいたいですね。

園芸センターの桜も開花・・・・

 4月5日の水曜日 ここのところの陽気に誘われて、遅かった桜も見ごろとなりつつあることから、高松空港近くの園芸センターに出かけてみました。

 ここの一番の目当ては、大きな枝垂れ桜です。

小生と同じくらいの年代の方々が見学に訪れています。

20170405_2

 一番手前(北側)の大きな枝垂れ桜はまだ蕾で、これから開花しそうな感じでしたが、それ以外の桜は満開が近い感じでした。
 上の写真右側が満開が近い枝垂れ桜で、左はこれからの枝垂れ桜です。

現場に行ってみると、何か去年までとは違う感じ。

よく考えると、枝垂れ桜の西側にあった竹藪が切り開かれており、対岸(?)から全体が見えるようになっています。

 そこから少し奥(南側)の空港公園の桜は5分咲きぐらいで、今度の土日はお花見の方々でにぎわうことと思われます。

20170405_1

帰りには、園芸センター玄関奥のミモザの花(ぼんぼんのような形)が咲き誇って(?)おり、思わず近くに寄ってみました。(今のところ花粉症ではないから近くによっても問題ありません)

20170405_3

今の時期、ここ園芸センターは、いろいろな花が咲いており、目の保養になります。

 もちろん温室にも、いろいろな花が咲いており、自由に観覧することができますので、年に何度も出かけていくようにしています。

平成28年分の確定申告・・・完了

 寒い日が続きますので、粘土に触るのがおっくうになります。
こんな時は、毎年恒例の確定申告をします。

 毎年 e-TAXのネット申告をしていたのですが、昨年マイナンバーカードができたため、住基カードの更新ができなくなったことから、昨年末にマイナンバーカードを作っており、今回からこれを使用します。

 まず、税務署にカードの変更申請(住基カード → マイナンバーカード)をしますが、これまで使っていたICカードリーダー(接触型)を使うと、あれっ・・・・使えません。
マーナンバーカードを発行したときにいただいた利用できるICカードリーダー一覧を見るとありません。

Dsc_0164
(ICカードリーダー・・・・左が接触型、右が非接触型)

 以前何かのシステムの試行でいただいたICカードリーダー(非接触型)は掲載されていたので、机の奥の方から探し出して使ってみると・・・・OKです。

 まずは下準備が終わり、国税庁のホームページで申告書類作成です。

慣れたもの(?)で1時間ほどで入力を終わり、少し時間をおいてから、申請内容の確認をし、間違いのないことを確認して、ネットで申請しました。

皆さんは、もう申告はしましたか?

ところで、申告した結果はどうだったかって?

もちろんスズメの涙ほどは戻ってきます(うまいものでも食べに行こう・・・と)

スマホを取り換えて、あちゃ!電話帳が・・・やっちまったな

 12月最初に、永年(4年)使ったスマホ、時々不調になるケースが増えたため、思い切って最新型に取り換えました。
前回は、シャープ製で今回はソニー製に変更。
データも何とかコピーして今のところ何とかうまく利用できています。

Dscn4460

左のが古い分、右が最新分 で、少し大きくなっており、ポケットに少し入りにくいようです。

冬の間は、ポケットがたくさんあるものを着用してますから、どこかに入るのですけれども、夏になると、さて、どこへ入れるか・・・・

また、使い勝手ですが、戸惑ったのが、利用方法があちこち違うことです。

 それにしても、カメラの機能が格段にアップしているのにびっくり。

 少し離れたところの案内板なども、カメラで写して、拡大すればはっきり読むことができます。  かといって、デジカメ専用機の代わりになるかと思えば、やはりそうはなりません。
 今のところ、スマホで写した写真は、メールでPCに送っているのですが、
メールの添付ファイルの容量が2Mなので、スマホの写真は大きなサイズですとそのまま送ることができません。 となるとWiFi機能を使うか、USBケーブルつなぐかしないといけないのかと思います。(まあ、これからおいおい解決していくこととします)
 
 ここまではまあ問題はなかったのですが、古いほうのスマホの整理をしようとして、まず電話帳データを消していき、すべて消し終えてから、約半日後、トラブル(?)発生。
 ある人に電話しようとして、新しいスマホでかけようとすると、電話帳データが空っぽになっていました。
 移行したとき、確か電話データもちゃんと入っていたはずで、確認し、電話を掛けた実績もあります。
 なんで?
 原因は、古いスマホがWifi機能で電話帳DBとつながっていたことです。
てっきりつながっていないと思い、いい気になって消してしまったから電話帳DBの中身が消えてしまい、新しいスマホが電話帳DBと同期を取っていたからのようです。
 さあ、それからが一仕事です。
 あちこちから住所録を探し、電話番号を打ち込みます。
電話の主体が固定電話から携帯になってから住所録に整理していませんので、住所録に載っていない人には、顔を合わすと、電話をワン切りしてもらい、電話帳に登録していくということをその都度やって、何とか8割方復旧したようです。
まあ、古いいらない電話データが整理できたとでも思うしかありません。
・・・・今後は気を付けようと、肝に命じておきます・・・・・・・
 
 
 

細見美術館と御金神社へ

 12月上旬、京都の紅葉の混雑も一段落(?)したころ、平安神宮近くの細見美術館で開催されている、「驚きの明治工芸展」の鑑賞に行ってきました。

 今回の展示は、明治時代に作られた作品を中心に展示してあり、特筆すべきは、自在置物という鉄や銀で、龍、蛇、昆虫などを写実的に作り、しかもその生物が本来的に動かせる機能まで再現した置物で、蛇は、くねくねと移動するような姿からとぐろを巻いた状態まで、自由自在に形を変えることができます。

Dsc_0010

Dsc_0007

まるで、本物です。  足の先まで精密の作られています。

 どうやって動くように作られているのは不思議(?)です。 
ただただ感心するばかり。

 今回は、美術館では珍しく、手持ちでの写真撮影OKです。
蛇の作品の横には、ビデオ放映してあったのですが、自由に形を変えて蛇が這っているような状態や、とぐろを巻く状態が再現されていました。

約1時間、じっくりと鑑賞し、次の目的の場所へ移動します。
細見美術館から、西へ二条城の近くまで徒歩移動です。

目当ては、「御金神社」です。(お金神社ではありません。 みかね神社と読みます)

 この神社は、普通の神社のように木々に囲まれているというような神社ではなく、町屋の中にうずもれている位の小さな神社ですので、よく目を凝らして探さないといけませんので、携帯電話のナビを参考に移動しました。

 この神社へ行くのですから、もちろん、京都駅に着いたときに、ジャンボ宝くじは購入しておきました。

Dsc_0019

もちろん、いつもより多めのお賽銭を入れ、念入りにお願いしておきました。
(一等賞とは言いませんがそこそこ楽しめる程度が当たりますように・・・・)

数年前は、番号が同じだから当たったかと思ったら・・・残念だった ということがあったので、今度こそというあさましい考えですが・・・・。

さてさて、どうなりますことやら・・・
結果は年末、大みそかに判明し、よい年が迎えられるかどうか・・・・

なぜ JRのグリーン車は外国人の方が多い?

 4月19日~21日で100名城5つ制覇(?)した後、箱根小涌谷温泉の真奈邸に足を延ばしたのですが、箱根湯本から強羅への登山電車の乗客は、16時を過ぎていることもあってか、パット見た目8割方が外国人の方でそれもほとんど欧米系の方たちばかりです。

 途中の宮ノ下で半分くらいが下車、小涌谷では小生夫婦以外にも5人ほど下車しました。
宿の送迎車では小生夫婦だけでしたが、宿の中で出会うのは、欧米系の外国人ばかり、日本人はほかに1組いただけです。

 翌日、箱根湯本行の登山電車に乗ると、半分以上、欧米系の外国人の方たちが大部分を占めています。 みなさん大きな荷物を引っ張っています。 

20160422_1

最近大挙して押しかけてきているアジア系の方はほとんどいません。
アジア系の方たちは団体でバスで移動するからでしょうね。

小田原から新幹線に乗りましたが、小生もフルムーンパス利用なので、グリーン車を使いましたが、ひかりのグリーン車は、登山電車に乗っていた外国人の方たちも多数乗っており、欧米系の外国人の方たちでほぼ埋まっています。

なぜグリーン車には欧米系の外国人観光客が多いのだろうと思い、ネットで調べてみると、小生たち年配者向けのフルムーンパスという割引切符があるのと同じように、JRには訪日外国人向けの格安チケットがあることがわかりました。
 それも非常に安い・・・・

Jrpass

びっくりしました。 

小生の利用しているフルムーンパス(夫婦2人分)は、5日間で 82,800円ですが、最長は12日間で 127,950円です。いかに安いかわかりますね。

但し、観光目的での外国籍の方という使用条件がありますが、新幹線で東京大阪間を普通に使用すると、普通車指定席で片道14000円ほどかかります。

さらなる条件として、のぞみ、みずほには乗ることはできない・・とありますがこれはフルムーンパスと同じです。

そのため、JRの特急列車のグリーン車には、訪日外国人の観光客の方(大きな荷物を引っ張ったり、背負ったりしているのでわかります)が多いのですね。

 ちなみに、小田原から乗ったひかりのグリーン車の外国人乗客のほとんどは京都で下車し、以降はガラガラでした。 

小生たちは、大阪でさくらに乗換え岡山で下車。
岡山では14時ころだったので、県立美術館で開催されている「宮川香山展」を鑑賞し、帰宅しました。

20160422

勤めていた会社の情報部門のOB会

急に暖かくなった2月14日、勤めていた会社の情報部門のOB会があり、参加しました。

当日の参加は150名を超えており、上司、先輩、同僚、後輩・・・・・懐かしい・・・・

 小生がこの部門に異動してきたのは入社4年目のはるか昔のことで、総合事務機械化で要員を増やした時期で、電子計算機も当時としては最新のIBM S/360*2台+TOSBAC7000を導入したときです。(ちなみにS/360はメインメモリが128kBという今では携帯電話にも及ばない小さな小さな計算機です)

 当時は80桁のパンチカードや、紙テープを入力に使い、事務計算処理を行っていた時期で大きな磁気テープが回ってる、当時としては最新鋭の電子計算機システムでしたが、今のシステムの足元にも及びません。 まあ、そのような時代からのOB会ですから、古い方は40有余年ぶりです。 (お世話していただいた方曰く、年齢的に見て最初で最後のOB会だろうね)

 昔から全然変わっていない方や、えっ・・と思うほどに変わっている方などなど・・・・
でもじっとお顔を拝見すると昔の面影が残っていますが、今度は自分が名前を忘れて思いだせす、そろっと名札を見ることも時折・・・・
女性の方は、旧姓でわかる方ばかりです。 

 ○○さんの大正琴の演奏から始まり、プロのバンド演奏、現役時代から老人ホームや施設の慰問などを行っていた○○さんの腹話術・・・と進み、最後はお楽しみ抽選会と約4時間弱、懐かしい昔を思い出す時間があっという間に過ぎていきました。

 それにしても、今回お世話していただいた方が昨年居酒屋でちらっと漏らした言葉から始めたOB会、改めて参加している150名を超える多くの方々を目の当たりにして、お世話していただいた方々にただただ感謝感謝する次第です。

***懐かしいお話しばかりしていたので、証拠の写真は撮り忘れました
 でも2~3か月後、名懐かしい写真や当日の様子を収めたDVD(?)を送っていただけるそうで安心しました***

 なお、今回幹事さんから、職場結婚したご夫婦が5組おいでになるので、夫婦湯呑を作ってくれないかとの申し出がありましたので、お手伝いという観点から受諾し、依頼された分以外にも何点か提出し、お楽しみ抽選会の景品につかっていただきました。

以下が今回提供させていただいた分です。

2

夫婦湯呑の代わりのペアのフリーカップ・・・5組

Photo
備前焼風自然釉焼しめ一輪挿し *1

20160201_3
緋だすき一輪挿し *2

20160201_1
フリーカップ 2個組  *1

20150530_3

半磁器一輪挿し *1

お世話していただいた Sさん、Nさん、Mさん、Fさん、Iさん・・・・・ありがとうございました。

園芸センターのロウバイ鑑賞

 2016年の一番の寒さも落ち着いた1月21日午後、高松空港近くの県の園芸センターに、ロウバイを見に行きました。

まずは、近くの川田うどんで牛鍋うどんを食べ、体を温めて園芸センターに向かいます。

寒いせいか、ほとんど人はいません(園芸センターの方はいますが・・)

梅園の梅はちらほらと咲き始めています。

20160121_203341

ここから坂を上っていきます。

しばらく歩くと、ロウバイの匂いがし始めます。

20160121_203503

早咲きの品種は満開ですかね 
あたり一面のいい香りが漂っています

20160121_203411
遅咲きの品種のほうは咲き始めです。

2月いっぱいくらいまでは、さいて、いい香りが漂っていることでしょうね

ちなみに、玄関前の枝垂れ梅は、蕾も硬く、まだまだのようでした。

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ