« 飛鳥2クルーズ | トップページ | 真冬の袋田の滝へ »

札幌雪まつり2018

以前から、いつかは行ってみようと思っていた「札幌雪まつり」へ足を延ばしてみました。

天気予報では、今シーズン一番の寒気団襲来で、九州、中国、北陸と東北は日本海側を中心に大雪、北海道は30mを超す強風を伴う猛吹雪が7日ごろまで続くという。
このため、防寒対策は十分(?)にして、2月4日札幌へ向かいました。
5日の札幌は思いのほか寒くはありません。日中の気温は1度くらいです。
雪は時折落ちてきますが、吹雪ではありませんので、フードだけで充分です。
午後、大通会場に向かい、足元に十分気を配りながら、雪像を見て回りました。
観覧は一方通行になっています。 大通公園のテレビ塔側から西に向かって、北側の通りを西に向かって歩き、公園の突き当りで南側の通りを東に歩くことになります。

20180205_3

20180205_8

途中ジャンプ台が作られ、スノーボードの選手(?)が練習しています
写真中央に開店している選手が見えます。

20180205_10

目玉の自衛隊の方が作った雪像です。

上は昼間、下は薄暮の時間帯でライトアップが始まっています。

20180205_33

20180205_20

これも自衛隊の皆さんが作られた雪像で、軒や庇も本物そっくりに作られています。

20180205_35

夜はライトアップが始まり、もっと暗くなると、プロジェクションマッピングが実施されます。

20180205_24

小さな雪像もあちこちのたくさんあります。

20180205_29

日本ハムの入団した清宮君もありました(似ていますね)

20180205_27

手塚治虫生誕90周年を記念した手塚漫画の人気者の像もありました

どれもこれも上手に作っています。
小生が行ったときは5日でしたが、まだ製作中の雪像も沢山ありました(途中のものは外国参加の分がほとんどです)

大通会場を一通り見て回り、次いでススキの会場まで足を延ばし、再度大通会場に戻り、ライトアップされたの雪像を見て回るという具合で、この日は18000歩を超えていました。
雪像は昼よりも夜のほうが、美しく見えますね。
札幌にいる間は、天気予報がいいほうにはずれ、雪祭り見物はうまくいってよかったです。

« 飛鳥2クルーズ | トップページ | 真冬の袋田の滝へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/66375923

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌雪まつり2018:

« 飛鳥2クルーズ | トップページ | 真冬の袋田の滝へ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ