« おなじみの伝統工芸展へ | トップページ | 札幌雪まつり2018 »

飛鳥2クルーズ

2018年1月 初めての飛鳥クルーズです。

今回は、横浜~佐世保への2泊3日。 どんな船旅になるか・・・・さてさて・・・
 JRで横浜まで向かい、乗船開始まで時間があったので、桜木町駅から大桟橋まで歩きます。
 腹周りに脂肪がつきすぎぐらいの体、これから食っちゃ寝ての時間が始まりますので事前に運動しておかないといけませんから・・。

Dsc_0964

大桟橋に停泊している飛鳥ⅱが見えます。
船内はどうなっているのかな?
15時過ぎに手続きを済ませ、乗船します。
その際、船室のキーとなり、船内で現金代わりに使うカードをいただきます。

Dsc_1007

船内に足を踏み入れると、そこはホテルの中?のようです。

レセプションカウンターがあり、世界各地の時間を表す時計が壁に設置されています。

Dsc_0993

まず、船室に行き、荷物が届いているのか、確認します。  ちゃんと届いていました。
荷物をあけ、クローゼットに服を収めてまず一安心。
 次に避難訓練の開始時間まで1時間弱あるので、ラウンジでウエルカムドリンクをいただきます。 (スパークリングワインとチョコレートをいただきました)

Dsc_0966

 バンド演奏も始まっています。  このラウンジでは時々バンド演奏やピアノ演奏が行われています。

Dsc_0974

16時過ぎになると、避難訓練が始まります。
部屋ごとに所定の場所に集まり、点呼を受け、救命胴衣の扱い方を覚えます。

Dsc_0972

17時 出航です 
外は雨ですので誰もデッキには出ません。
暗くなってきたので、大桟橋向かいのみなとみらい地区の夜景がきれいに見えます。

 船内放送によると、現在、海面は凪いでいますが、東京湾を出ると波、風ともにあるとのこと。  (まあ、大きい船だから揺れないとは思いますが・・・)

 食事は2回目のグループでしたので、19時45分からですので、それまでの間、ギャラクシーラウンジで、イリュージョンショーの観覧で時間を過ごします。

Dsc_0988

(ショーは、著作権の関係で、写真撮影禁止だそうです)
食事の時間になったので、会場に行きますが、この日の服装はカジュアルでOK。

その前に、船長さんと一緒に写真撮影。

Dsc_0978

船長さん かっこいいですね。

Dsc_0979

 食事中、フルートとギターとヴァイオリンの方があちらこちらで楽しそうな音楽を奏でています。   1時間ほどすると、添乗員のような方に連れられて行かれた席で、ハッピーバースデーを演奏しています(サプライズですかね。  5~6組ほどいたようです)

食事後、いろんなイベントがあるのですが、ウエルカムドリンクに加えビールとワインをいただいたので、ほろ酔い気分で部屋に戻り、バタンキューの状態で、イベントには参加しませんでした。  もちろん夜食もパスです。
 食事中は感じなかったのですが、夜半から船は大きく揺れ始めました(伊豆半島沖くらいですね)

 一晩中よく揺れましたが、酔うこともなく、まずまずの気分で起床。 2日目が始まりました。

 2日目は、終日クルーズですので、各所で行われているゲームやショー、ティータイムで時間を過ごし、船上からの景色を楽しむことになります。

Dsc_0981

景色といっても、見渡す限り海、海、海です。
 まずは、朝風呂で・・・・と思い、最上階の大浴場へ。
 大浴槽と、ジャグジーがありますが、思ったよりも広い・・・・
 
でも、この日は船が大きく揺れているため、大浴槽のお湯は岸壁に打ち付ける大波のようにザブーン、ザブーンと大揺れで危険で浴槽には入れません。 ジャグジーだけの浴槽になります。   波がなかったら、気持ちがいいだろうなと思います。
 風呂からの帰り、急に気分が悪くなり、部屋に戻りベッドへ・・・どうも船酔いのようです。今までどれだけ揺れても酔ったことがないのに・・・・・家内も同じ症状でしたので、体を温めたからかなあ・・・自己判断で、落ち着くまで横になっていました。
 そういえば、風呂のゆき帰りとても上下左右に大きく揺れており、とても歩きにくかったことことを思い出しました。(大浴場は最上階の最後尾に近いほうにあるため、なおさら揺れますね)
 操舵室からの話では、昨夜は秒速30mを超す風が吹いて大きく揺れましたが、今日は少し収まるとのこと・・・(そうあってほしいですね)
でも、鹿児島の佐多岬を回ったら北西の季節風が強く吹くのでまた揺れるとのこと
 そういうことで朝食をパスしたため、10時ごろになると、空腹を覚え始めました。(もちろん気分はよくなっています)
 少し何かを食べようとサロンに行くと、パン、ヨーグルト、メロン、グレープフルーツが並んでいます。  
 朝食替わりでしたので、コーヒーとともにいただきました(メロンが完熟で美味でした)
その後、昨晩できなかった船内探検です。
カジノやマージャンルーム、囲碁ルーム、ダンスホール、シアター、ライブラリーもあります。

Dsc_0977

Dsc_0992

Dsc_0980

Dsc_0999

一番前の展望室です

Dsc_0968

季節的に、プールは、誰も居ません。(写真は横浜港停泊中に撮影したものです)
どこを通っているかは、客室内のTV画面に表示されます。

Dsc_0984

 この日もショーを見たり、ライブラリーで本を読んだり、売店で飛鳥グッズの買い物をしたり、おやつを食べて、船内を散歩したりで過ごしました、
 
今夜の17時以降のドレスコードは、インフォーマルです。 ダークスーツに着替え会場へ。
 
食事の後は、シアタールームで映画鑑賞
 
就寝中、夜半ヘリコプターの音で目が覚めました。
時間を見ると 0時30分 場所は宮崎市近くの海上です
何か不具合でもあったのでしょうかね、船の速度はゆっくりになっています。
30分ほどでヘリの音は聞こえなくなりました。
翌日の船内放送で、佐世保入港は、約3時間半遅れるとのこと
(向かい風と、深夜の救急搬送のためとのこと・・・船内医務室で対処できなかったようです)
 
3日目も佐多岬を回ったころから大きく揺れ始めました。
この日も、ゲームや、ショーを見たりして時間を過ごします。
予定よりも遅れているため、追加のショーやゲームが組まれていました)
ようやく佐世保入港です。

Dsc_1004_2

Dsc_1001

とても時間がかかります

湾の入り手前で水先案内人が乗り込み、港内へ微速前進

タグボートで横から岸壁に押してようやく着岸です。 
水先案内人が載ってから約1時間くらいは要しています

Dsc_1006

佐世保駅からのJRの時間の都合で、2組目に降していただきました。
(何もなかったら、最後のほうでしたから・・・最初の1組目は飛行機の時間の都合だそうです)

佐世保駅のみどりの窓口に飛び込み、JRの切符の変更を行い、深夜にようやく帰着しました)

好天に恵まれれば、過ごし方も大きく変わると思いますが、この3日間は、雨と風にたたられ、デッキに出ることもままならない状況でした(風が強く、大きく揺れているためデッキに出るのは禁止でした)

ーーーーー大きな船でも揺れるんだ・・・・・・考えを改める必要がありましたーーーーーー

 

« おなじみの伝統工芸展へ | トップページ | 札幌雪まつり2018 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/66269235

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥2クルーズ:

« おなじみの伝統工芸展へ | トップページ | 札幌雪まつり2018 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ