最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« グループの作品展が終わりました | トップページ | トロッコ列車 奥出雲おろち号へ »

上絵の色付け、さて、どうしようかな?

今回は、上絵の色付けをどうしようか・・・・  です

Dsc_0806_4

10月下旬、工房の整理で、絵付け途中でやめた(?)茶碗をいただきました。


 呉須で描いた輪郭線がたくさんあります
じっと眺めて、小生なりの結論です。

どうも、これからの時期の茶碗の絵柄で、菊のようです。
いただいた方に聞けばいいじゃないかって・・・ (それができれば苦労はしません)
 花びらを描いているもの、まったく輪郭がなく中心の部分だけ描いているものの2種あります。

 菊の花びらだけでなく、菊の葉っぱもたくさんあり、それに竹の支柱というか柵のようなものも書かれています。
 
鉄絵の部分もありますが、多分葉っぱの部分でしょうね。


以上のように 輪郭線から想像してみました。

これから、その輪郭線の中に、上絵具で色付けをしていく予定です。
 背景の色が白系ですので、菊は黄色と赤色、または桃色で色付けし、葉っぱ緑で、支柱は茶色で、色付けしてみるつもりです。

うまくいけば、このブログで紹介します
出来上がりは、12月末ですかね・・・・

« グループの作品展が終わりました | トップページ | トロッコ列車 奥出雲おろち号へ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/65986959

この記事へのトラックバック一覧です: 上絵の色付け、さて、どうしようかな?:

« グループの作品展が終わりました | トップページ | トロッコ列車 奥出雲おろち号へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ