最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

鬼の小物入れ できました

少し前から作っていた鬼の小物入れ、9月27日に何とかできました。
前回の鬼の置物は青鬼でしたが、今回は、緑の鬼です。
中に大事なもの(?)を入れておくと、鬼が目を光らせて監視してくれそうですね。

Dsc_0681_2

緑の色が少し濃くなっていますね もう少し明るいほうがよかったかもしれません。

 もし緑の鬼の2体目を作る場合は、明るい緑にして、目玉の黒の部分を大きくしてみるつもりです。 

この鬼についても、来月10月中旬以降に開催する作品展示会に出品するつもりです。 

鬼の小物入れ製作中

先日は青鬼の置物を作りましたが、 今回は小物入れです。

大きさは、10cm四方くらいのもので、蓋の部分は、鬼の面になります。
鬼の色は、緑にしました。 顔は緑で、髭、眉毛、頭は黒になります。
大まかな形を作った後で、少し乾かして、ものを入れる部分を刳り貫きます。
出来上がった段階で、化粧土で、色付けをしました。

Dsc_0647_2

 白の粘土で形を作っていますが、まだ乾燥していませんので、黒くなっており、全体がどんな色かわかりにくいですね。
出来上がったら、また紹介します。  
実物は、10月開催の展示会で見ることができます。
今回、緑鬼を作ったので、次の鬼は、黄?赤?黒? どれになりますかね・・・・
まあ、その時の気分で決めることにします。

青のシンフォニーです

近畿日本鉄道の観光列車の「青のシンフォニー」に乗ってきました。

大阪 阿部野橋駅発14:10 の列車です。
昼は、大阪城近くの太閤園・淀川亭で済ませ、阿部野橋駅まで移動、出発時間まであべのハルカスで時間を過ごし、改札口を通り、青のシンフォニーに向かいます。

Dsc_0608

車内は広いソファーのような座席が並んでいます。
座席の向きは、固定されていて対面になっているものと、回転するものがあります。
それぞれ座席にはテーブルがあり、飲み物や軽食を置くことができるようになっています
1号車と3号車が、客室で、真ん中2号車は、ラウンジカーになっており、カウンターで軽食や飲み物を買うことができるようになっています。
車内は、1/3くらいの座席が埋まっている位で、すいていました

Dsc_0611

昼に少しアルコールを体に入れていますので、ここでは、季節のスイーツとコーヒーにしました。

Dsc_0609

伊勢志摩サミット」でデザートを担当した「志摩観光ホテル料飲部 製菓長 兼 大阪マリオット都ホテル料飲部 ペストリー料理長」赤崎哲朗氏の車内限定オリジナルケーキです。
車内で食べるものとしては、高いとは思えない価格設定で、見た目もきれいで、
味は、おいしかったです。  列車内で食べるからなおそう思うのかもしれません。
もちろん、スイーツを食べながら、沿線の景色をめでて、少しの時間を過ごしました。

鬼の置物 ようやくできました

以前、製作中としてご紹介した「鬼の置物」と「少し大きな鉢」がようやく完成しました。
厄除けの鬼の置物は、思った色に仕上がりました。
怖そうな顔をしていますよね。

P1040252

右手に持っているのは、金棒です。

青鬼だと、さすまたが本当だそうですが、粘土で細いものを作ると、すぐ破損しますので、金棒にしました。

また、少しどころか大いに肥満体系ですので、立っているとすぐに疲れ、座り込んでしまいます。 といったところでしょうか。 地べたに座り込んでいるスタイルにしてみました。

 

 もう一つは 少し大きな鉢ですが、先日ろくろで引いたところまで紹介していましたが、どのように装飾するか考えた結果、まず本体の内側に魚の模様を入れ、魚のないところに彫刻刀で鎬模様を入れてみました。

P1040253

魚は、鰯にしてみました。 鰯ですから群れで泳いでいる様子を描いています。

鰯に見えますか?

ちなみに、鉢の直径は28cmで、次回は、30cm超の鉢を作る予定です。

これらは、10月に開催する今年度の展示会で並べる予定です。

 

 

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ