« 一輪挿しを作ってみました | トップページ | 犬の箸置き作成中 »

釉薬が流れすぎて・・・

 先日、たまった作品の一部を釉薬をかけて本焼成しました。
 
 その中で、花瓶については、釉薬が流れるだろうな・・と思って、道具土を底部にくっつけ、焼いてみました。
 
結果がこれです。

P1040192

一見よさそうに見えるのですが、底は釉薬が流れてこの通り。

P1040193

 予想したよりも、釉薬が流れすぎ、棚板にくっついてしまい、はがした結果、棚板の表面が剥げた部分が白くなっており、それ以外に、花瓶本体の欠けたところが2個所あります。

 本体が欠けて、棚板側にくっついてしまった部分です。

 グラインダで、流れた釉薬部分を削ってしまえば、使用にはあまり差し支えないものと思われます。

失敗した分だけではなく、まあまあの作品も紹介しておきます。

P1040194

 

 

 

« 一輪挿しを作ってみました | トップページ | 犬の箸置き作成中 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/65654196

この記事へのトラックバック一覧です: 釉薬が流れすぎて・・・:

« 一輪挿しを作ってみました | トップページ | 犬の箸置き作成中 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ