最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 園芸センターの桜も開花・・・・ | トップページ | 2017年第1回目本焼成の茶碗 »

2017年1回目の本焼成

 4月14日(金)先日素焼きした作品を本焼成しました。

 今回、素焼き後、5日ほどかけて、作品に模様を付けたり、季節(?)の絵を描いたりしながら釉薬を掛け、窯に詰めて、準備完了。
ここのところ暖かくなったので、水を使うのもおっくうになりません。

 下絵付けしたものは石灰透明釉を掛け、それ以外は飴釉、黒蛍手斑紋釉、藁灰釉、黄瀬戸釉、天目釉を単体または重ね掛けしています。

このうち、黒蛍手斑紋釉は今回初めて使ってみますので、どのような結果になるかわかりません(期待はしているのですが・・・)

 下絵で足りなかった場合はGW中にでも上絵付けするつもりです。

 心配なのは、重ね掛けした分の釉薬が流れすぎて、棚板にくっつかないかです。
くっついてしまうと棚板の補修に手間がかかります(これまでに何度かありましたが、都度あとの始末が大変です)

結果は写真の通りです。

P1030949

結果は、思った色が出てないものや、予想通りのものなどいろいろです。

これから、ぼちぼち上絵で書き足したりしていくつもりです。

 

« 園芸センターの桜も開花・・・・ | トップページ | 2017年第1回目本焼成の茶碗 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/65153747

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年1回目の本焼成:

« 園芸センターの桜も開花・・・・ | トップページ | 2017年第1回目本焼成の茶碗 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ