« スマホを取り換えて、あちゃ!電話帳が・・・やっちまったな | トップページ | 第63回日本伝統工芸展へ »

2016年最後の本焼成の出来上がりは?

今年最後の本焼成です。

19日(月)に火入れ(窯のSW-ON)し、20日にSW-OFFで焼成完了、窯の冷えるのを待って、21日夕方窯出しです。

さてさて、どのような作品に出来上がっているのやら。

焼きあがったもののうち、まあまあの出来栄え分をご披露します。

Dscn4463

左は、搔き落としの花瓶です。
右は、六角の少しねじった花入れです。

Dscn4464

左は、「飴釉」に藁灰釉を口縁部分に重ね掛けしたものです。
右は、抹茶茶碗で、赤土に白の化粧土を刷毛で塗布し、模様を描いたものです。
お正月用ということで、おめでたい鶴を描いてみました。
内側は、抹茶の色が映えるように黒にしています。

« スマホを取り換えて、あちゃ!電話帳が・・・やっちまったな | トップページ | 第63回日本伝統工芸展へ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/64649881

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年最後の本焼成の出来上がりは?:

« スマホを取り換えて、あちゃ!電話帳が・・・やっちまったな | トップページ | 第63回日本伝統工芸展へ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ