最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 北近畿タンゴ鉄道の「クロマツ号」乗車 | トップページ | 国宝の五重の塔 海住山寺へ »

「木津川流れ橋」を渡ってみました

2016年11月14日 時代劇のロケに使われる京都府八幡市木津川町の「上津屋橋」を渡ってきました。

 車は、JA京都やましろ農産物直売所の四季彩館の隣に流れ橋観光用の駐車場があります。 15台分くらいですかね。

Dsc_2064_2

この橋は、通称「木津川流れ橋」といい、大雨で川が増水すると、橋の床板が流され、橋が壊れるのを防ぐようになっており、流された(?)橋の床板は、ワイヤロープでつながれており、後で回収できる仕組みになっています。

20161114_2

よく流されるため、以前より橋桁の高さを75cmほど高くし、流されにくいようにかえており、さらに橋桁も上から見えない部分はコンクリート製に代えてあります。

20161114_3

この橋は、時代劇のロケに使われるので、橋のたもとに立ててある橋の名称が刻まれていた石柱の裏には、「寄贈 藤田まこと」の名が刻まれていました。

Dsc_2063

 それにしても、橋を往復しましたが、先日の「蓬莱橋」の897.4mにはかないませんが、356.5mと長~いですね。
こちらには、ど真ん中という表記はありませんでしたがね。

 それと、水面からの高さはこちらの方が高かったようで、欄干はありませんので水面を覗くと少し恐い位でした。

 観光客の方もちらほらと見えていました。

この後、近くの国宝の五重の塔のある海住山寺に足を延ばしてみました。

« 北近畿タンゴ鉄道の「クロマツ号」乗車 | トップページ | 国宝の五重の塔 海住山寺へ »

橋(名橋、珍しい橋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/64497393

この記事へのトラックバック一覧です: 「木津川流れ橋」を渡ってみました:

« 北近畿タンゴ鉄道の「クロマツ号」乗車 | トップページ | 国宝の五重の塔 海住山寺へ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ