最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 雲龍院と三年坂美術館 | トップページ | 細見美術館と御金神社へ »

伊予灘ものがたり号

 2016年11月26日、JR四国が運行している観光列車「伊予灘ものがたり号」に乗ってみました。

10時50分に大洲駅をでて、13時10分頃に松山駅に到着する、双海編です。
ちょうど昼食時にかかるため、ランチ付きです。
大洲駅に到着すると、目的の列車は、ホームに待機しています。
20161126_2
列車は2両編成で、車両の赤いほうが八幡浜側、オレンジ色のほうが松山側になります。
車内の様子です
20161126_4
席には、箸とおしぼりと献立がおかれています。
この日の献立は次のとうりで、たくさんの種類があります。
20161126_5
列車が動き出すと、車内アテンダントの紹介があり、次いで料理が運ばれてきます。

20161126_7
右上のワインは、別メニューです。
残念だったのは、水もお茶も出てきません。(水は別料金でした)

この後、食後のコーヒーが出てきました。
デザートは・・・・ケーキが出るかと思ったら、芋羊羹で、最初から 重箱の一角に納まっていました。

コーヒーは大きなカップで、たっぷりあり、よかったです。

20161126_9
一両目の中央部にあるカウンターです。

20161126_1
左側が、海(伊予灘)側で、海を見ながら食事ができるようになっています。
右側は、山側で、海がよく見えるよう(?)左側よりも少し席が高くなっています。

列車のスピードは、あまり早くはありません。
途中、自転車に追い抜かれました。

途中2つの駅で、15分ほど停車します。

20161126_8

TOKIOのTV番組 DASH島も見えます。
アテンダントのお姉さん(?)が途中、要所要所で車内案内してくれます。

約2時間、楽しいひと時を過ごすことができました。

これまで、いろいろな観光列車に乗ってみましたが、この「伊予灘ものがたり」は、車内も広く、居心地もよく、よかったです。

今一つだったのは・・・・オレンジ食堂ですかね・・・・車内(席)は窮屈で、テーブルも狭く・・・・・(お土産がたくさんついていましたが、料金がそれなりの価格だったので・・・・・

もちろん この「伊予灘ものがたり」もお土産はありました(琵琶茶)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次に乗ってみたいのは、

越後ときめき鉄道の「雪月花」ですが。どうなりますやら・・・・
 

« 雲龍院と三年坂美術館 | トップページ | 細見美術館と御金神社へ »

観光列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/64547173

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予灘ものがたり号:

« 雲龍院と三年坂美術館 | トップページ | 細見美術館と御金神社へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ