最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« ○○名橋を訪ねて・・・・蓬莱橋と猿橋(2) | トップページ | 2016年の作品展が始まりました »

搔き落としの花瓶

 先日、搔き落としで茶碗に模様を入れてみたのですが、思いのほかうまくいった(?)ようなので、今回は花瓶に挑戦です。
 まず本体を、轆轤を回して作り、少し乾いたら、黒の化粧土を、花瓶全体にまんべんなく刷毛で塗布します。
 
 その状態で、乾かし、完全乾燥の少し手前で、本体に目印となる模様を書き入れます。
今回は、木の葉の模様を全体に入れることにしたので、事前に厚紙で木の葉の型紙を作っておき、これを本体に当てて模様を描いていきます。
 
 次に鉛筆で書いた線に沿って、ヘラで線を彫っていき、彫り終わったら、木の葉でないところを、本体の粘土迄削っていきます。

Photo

削った後は、こんな感じで、木の葉の部分だけが黒く残ります。

あとは、完全に乾燥したのち、素焼き→施釉→本焼成となります。

釉薬は石灰透明釉なります。

« ○○名橋を訪ねて・・・・蓬莱橋と猿橋(2) | トップページ | 2016年の作品展が始まりました »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/64362443

この記事へのトラックバック一覧です: 搔き落としの花瓶:

« ○○名橋を訪ねて・・・・蓬莱橋と猿橋(2) | トップページ | 2016年の作品展が始まりました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ