最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 最新の○○○○は、それにしてもよく走りますね | トップページ | ボストン美術館所蔵展(俺たちの国芳、わたしの国貞展) »

展示会出品作品の作成にかからねば・・・・

 先日、このブログで、2016年度の作品展示会を10月に開催することが決まり、その時の来場記念品をぼちぼち作っていくとの掲載をしましたが、それよりも手元の作品を見回すと、当日展示するものがありません。
 
こりゃえらいこっちゃ・・・・性根を入れて作らなければなりません。
 
 久々に轆轤を使い、広口の花瓶と直径30cm位の皿を作ってみました。
使った土は、南蛮土で焼成すると黒に近い茶色になります。 さらに耐火度が通常に赤土や白土より低いので、整形後の装飾をどうするか思案。
 
象嵌にするか、化粧土を刷毛で塗って、その上に下絵具で描画するか・・・・などなど。
そこで、まずは、広口の花瓶については、魚(鯛のようなもの)を象嵌してみました。
面象嵌と線象嵌なので焼成したときに、剥げないか少し心配ですが、どうにかなるでしょう。

Dscn1555
今の時点でははっきりしませんが、魚の絵のようなものが見えるでしょう?

次は、お皿ですが、これはどうするか 悩んでいます。

Dscn1557

問題なく完成したら、展示会に出品します
絵柄は魚のつもりですが、象嵌するか、絵具で書くか、 ・・・・・ 

 ここのところ、あまりにも蒸し暑い日が続きますので、作業をしていると額からは大粒の汗が流れ落ちますので、あまり手間はかけたくはないのですが、展示会作品ですので、そういうわけにはまいりません。  大きいビニール袋に入れて乾燥が進まないようにして置き、しばらく考えることにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに 展示会の粗品は まずは50個完成といったところでしょうか。

まだまだ 足りませんので、作っていくつもりです。 目標200個

 

« 最新の○○○○は、それにしてもよく走りますね | トップページ | ボストン美術館所蔵展(俺たちの国芳、わたしの国貞展) »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/63906256

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会出品作品の作成にかからねば・・・・:

« 最新の○○○○は、それにしてもよく走りますね | トップページ | ボストン美術館所蔵展(俺たちの国芳、わたしの国貞展) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ