« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年度展示会粗品 作成中

 本年度のグループの作品展示会の日程も決まり、来場いただいた方への粗品作成について少し本腰を入れて作らなければなりません。
 石膏型も作り、余った年度で、ぼちぼち作っていたのですが、これまでに作った分を焼成してみました。

2016_2

残り物の土で作っていることから、焼成した結果、真っ白だったり、薄いクリーム色だったり、微妙に色が違っています。

当初、下絵具で首輪を描こうかと思っていたのですが、素焼き後すっかり忘れてしまい、釉薬をかけてしまい、写真のような出来上がりになりました。 
まあ、これかこれでOKとしましょう。

今回出来上がった数は75個ですので、まだまだ作らなければなりません。
目標はできれば200個、少なくとも150個ですので、まだ半分にも届いていません。
これから、夜なべ仕事(?)で作っていくこととします。

ちなみに案内状は、印刷を依頼しているところで、適当な時期に本ブログに掲載することとします。

しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に乗ってきました

 観光列車、JR九州の「オレンジ食堂」、JR西日本の「花嫁のれん」、北近畿タンゴ鉄道の「丹後の海」に続く観光列車の旅として、しなの鉄道の「ろくもん」に乗ってみました。
 梅雨時のため、天気が心配だったのですが、軽井沢駅から乗車するときは朝方からの雨も上がり、よい列車の旅が満喫できそうな感じでした。
 小生らが乗車したのは、軽井沢10時40分発長野行きの「ろくもん1号」で、洋食のコースランチを食べながら約2.5時間の旅です。(長野着は13時5分着)Dsc_1771

今年はNHKの大河ドラマ「真田幸村」の影響もあり、どうにか予約が取れたというものです。

全席指定で、小生の席にはすでに飲み物などがセットされていました。
先付けの、地鶏「真田丸」とフォアグラのパテとジャムがお皿の上には載っています。

Dsc_1772


飲み物は、ビール、日本酒、ワイン、ソフトドリンクナノの中から1種類選択です
(小生は、ワインを選びましたが、ビールは地ビールの缶2個、ソフトドリンクはリンゴジュースなど3本です。 ワインは赤または白です)
ミネラルウォーターは初めから1本ついています。

この日のメニューです。

Dsc_1791

軽井沢駅を出発すると、メニューの順番に出てきます。

Dsc_1777

右は、先付けの、生ハムとメロンで、
左は、信州産小麦のパンと旬のジャム(ブルーベリー)です

次に出てきたのは、オードブルで、
Dsc_1778
イワナの香草蒸しと信州サーモンの白樺チップのスモーク
信州ブタと地元野菜のマリネ
など   メニューに従って出てきます。

Dsc_1779
ご飯は、「佐久五郎兵衛米」と「むらさき米」の混ぜご飯に信州豊後梅の生ふりかけ

Dsc_1782

メインの「しなのユキマスのグリル」夏野菜のスープ仕立て
信州プレミアムビーフのサーロインステーキ
東御産有機野菜と自家製モッツアレラチーズ
(ユキマスのグリルは、お腹に入ってしまった後です)

この後デザートです

Dsc_1789
フォンテンヌブロー 優しいチーズケーキ とコーヒーです
(このチーズケーキが絶品で、お代わりをしたくなったくらいです・・・残念ながらおかわりはできません)

これで料理は終わりですが、お土産がありました。

Dsc_1788

列車にのている途中、ところどころで10分ほど停車し、イベントがありました。

食事をしながら、イベントに加わってみたり、周りの景色を眺めたりしているうちに、長野駅に到着しました。

 

ボストン美術館所蔵展(俺たちの国芳、わたしの国貞展)

 7月10日神戸市立美術館で開催されている”ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳、わたしの国貞 展”に行ってみました。

Dscn1552

これは、ポスターにもある通り、浮世絵の版画展で、江戸時代の役者絵画中心です。
入口で”音声ガイダンス”を借用し、説明を聞きながら鑑賞していきます。

会場に入ったところで、”本日は、フラッシュをたかなければ、写真撮影は可能です”との申し出がありました。 国内の美術館では写真撮影禁止がほとんどですが、ありがたい(?)申し出です。

小生もいくつか、スマホで写してみました

一枚物は少なく、写真にあるように、3枚組のものが多かったです。

Dsc_1749

Dsc_1760

Dsc_1762

会場はたくさんの見物客でごった返しています。

音声ガイドを聞きながら、作品の横の説明文を読みながら、写真を撮りながらの見物客でごった返しています。 牛歩の歩みよりも遅く展示作品がたくさんあるためなかなか進みません。 

すべてをゆっくりと見ようとすれば2時間は要します。

小生は、あとの予定があったので、後半は駆け足の鑑賞になりました。 

展示会出品作品の作成にかからねば・・・・

 先日、このブログで、2016年度の作品展示会を10月に開催することが決まり、その時の来場記念品をぼちぼち作っていくとの掲載をしましたが、それよりも手元の作品を見回すと、当日展示するものがありません。
 
こりゃえらいこっちゃ・・・・性根を入れて作らなければなりません。
 
 久々に轆轤を使い、広口の花瓶と直径30cm位の皿を作ってみました。
使った土は、南蛮土で焼成すると黒に近い茶色になります。 さらに耐火度が通常に赤土や白土より低いので、整形後の装飾をどうするか思案。
 
象嵌にするか、化粧土を刷毛で塗って、その上に下絵具で描画するか・・・・などなど。
そこで、まずは、広口の花瓶については、魚(鯛のようなもの)を象嵌してみました。
面象嵌と線象嵌なので焼成したときに、剥げないか少し心配ですが、どうにかなるでしょう。

Dscn1555
今の時点でははっきりしませんが、魚の絵のようなものが見えるでしょう?

次は、お皿ですが、これはどうするか 悩んでいます。

Dscn1557

問題なく完成したら、展示会に出品します
絵柄は魚のつもりですが、象嵌するか、絵具で書くか、 ・・・・・ 

 ここのところ、あまりにも蒸し暑い日が続きますので、作業をしていると額からは大粒の汗が流れ落ちますので、あまり手間はかけたくはないのですが、展示会作品ですので、そういうわけにはまいりません。  大きいビニール袋に入れて乾燥が進まないようにして置き、しばらく考えることにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに 展示会の粗品は まずは50個完成といったところでしょうか。

まだまだ 足りませんので、作っていくつもりです。 目標200個

 

最新の○○○○は、それにしてもよく走りますね

最新のハイブリッド車、よく走りますね。
(決してトヨタの回し者ではありません)

 先日の100名城の最後の根室のお城に行ったとき、公共交通機関を使うと移動が非常に不便ですので、根室でレンタカーを2日間かり、網走まで移動したときのことです。

 事前に移動距離を概算したら、約500km以上は移動する予定でした。
通常のガソリン車では、ガソリンスタンドがあまりないようなので、ハイブリッド車を借りることとし、それも最新のプリウスにしてみました。
 理由は、満タンで800kmほどは走ること、それに最新の安全装置がついていること、燃料の生産は、走行距離換算で可能であることからです。

 借用したプリウスは、本年1月登録の最新型で、緊急ブレーキや車線逸脱警告など安全機能が装備されています。

 行程は、根室~納沙布~風連湖~摩周湖~硫黄山~屈斜路湖~川湯温泉(泊)~オシンコシンの滝~ウトロ~(知床観光船)~小清水原生花園~網走監獄博物館~網走駅(返却)という2日間です

 道はアップダウンが少なく、信号も少なく、対向車も少ない状況で順調に予定を消化していきます。  1日目終わった時点で、平均燃費を見ると、30.8km と思いのほかよく走っています。

 2日目は、この平均走行距離を維持できるようそろそろはしり、返却する時点376km走っていたのですが、平均走行距離は1日目と同じ、30.8km/Lを表示していました。

 返却時に燃料代を計算してもらうと、1464円です。
ハイブリッドでない車の場合ですと今回は1800ccですから平均燃費は約12km/Lくらいですかね。そうするとガソリン代は3800円くらいで、今回はその半分以下でした。

Dscn1551

今回、走っている道路には、ガソリンスタンドもあまりありません。 
これだけ走れば、ガソリンスタンドも少なくなるはずですね。

 それに今回借りた車の安全装置ですが、非常ブレーキが作動することはなかったのですが、方向指示器を作動させずに、車線の横の白線を超えると、警告音がなり、デイスプレイに警告表示されます。 クルーズコントロールも50kmくらいでも作動します。 前者に追従する機能は試すことはできなかったのですが、安全装置がついていると、運転するのもとても楽になるような気がしました。 
 
 今乗っている自分のを買い替えるときは、ぜひとも、これら安全装置のついている車にしようと思った次第です。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ