最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 鎬の一輪挿しの完成 | トップページ | 日本100名城ついに制覇しました »

平成28年度の作品展示会粗品について

 先日、陶芸教室に顔を出すと、今年の展示会は、10月18日~23日に間で実施することにしましたとのこと。

 それならば、恒例の粗品(箸置き)の製作に取り掛からなければなりません。

今回はどういったものにしようか・・・・思案しながら、試しに、2種類作ってみました。
1つ目は、この時期ですから、「枝豆」、 2つ目は、「犬」です。

まず、数をたくさん作るので、石膏の原型作りです。
粘土で原型を作り、石膏型を作ります。

次にできた石膏型で、形を抜いてみて、整形までの手間(時間)を見てみました。

次の写真が、出来上がった石膏型と、型抜きし整形してみたものです。

Dscn4414

左側が、「枝豆」、右が「犬」です。

 素焼きできるまでの手間t時間を計ってみると、「枝豆」のほうが少し手間がかかることがわかりました。 

 その結果、今年度の粗品は「犬」のほうにすることにし、枝豆は、ネットショップに並べることにしましたました

そこで、早速、型抜きの開始です。

Dscn4415
とりあえず、12個抜いて、バリをのぞいたりして整形してみました。

予定数は、200個  これからぼちぼち作っていく予定です。(目標は1日20個づつ作成)
素焼き後、目と鼻を黒で塗り、首輪を赤で描くつもりです。

出来上がったら、ブログで紹介します。(もちろん展示会場もご紹介しますので、ぜひお越しください)

« 鎬の一輪挿しの完成 | トップページ | 日本100名城ついに制覇しました »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/63796576

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年度の作品展示会粗品について:

« 鎬の一輪挿しの完成 | トップページ | 日本100名城ついに制覇しました »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ