最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 4月末の本焼成 | トップページ | 新作(?)の「鱸」作成中 »

5月の最初は、鎬の一輪挿し作り

5月に入ってから最初は、轆轤を回しています。

何を作るか・・・・思案しながら、土の量も考え、一輪挿しにしました。

それも鎬の一輪挿しです。

 以前作った彫刻刀で規則的に彫る のではなく今回は、ピアノ線でグニャグニャと大きな虫が這っているような太い線を彫ります。

 彫る前と彫ったところが明確にわかるよう、事前に化粧土で表面の色を変えておき、少し乾いたところで、彫っていきます。

そうすると、彫ったところがくっきりと浮かび上がってきます。

Dscn1513

先日は、ぐい飲みに同じような模様を入れたのですが、その時は、彫った跡に化粧土で色を付けました。  
それが案外面倒だったので、今回は逆の方法にしたのです。

こちらのほうが思いのほか簡単でした。

このあとは、いつもの通り、素焼きし、透明釉薬をかけ、本焼成に入ればよいだけです。

« 4月末の本焼成 | トップページ | 新作(?)の「鱸」作成中 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/63566259

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の最初は、鎬の一輪挿し作り:

« 4月末の本焼成 | トップページ | 新作(?)の「鱸」作成中 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ