最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 丹後鉄道の「丹後の海」に乗車 | トップページ | 久々に轆轤をまわしました »

桜紀行…京都と滋賀他

京都の桜も満開になってきた5日と6日、桜をめでに足を延ばしました。

今回は、京都の日帰りツアーの2つをまたにかけたもので、1日目は高松で乗車、京都観光の後下車、個人で大津へ移動し、三井寺の夜桜を鑑賞、大津泊、2日目は京都でツアーに合流するというものです。

まずは定番の、円山公園。  好天にも恵まれ、人はいっぱい。 屋台もずらり・・・歩いているのは外国人の方たちが多い・・・日本の方たちはビニールシートを敷いて花見です。

20160405_2

枝垂れ桜も満開です。 (人は映っていませんが、たまたまです)

ぶらぶらした後、東山の将軍塚に上がり、市内を眺め、大津に移動。

三井寺の夜桜を眺めにウオーキング。 

途中、琵琶湖疎水の土手の桜が満開で、橋の上は写真を撮る人でごった返しています。
同じ場所からとった写真で、三井寺に行く前と三井寺から帰るときに撮ったもので、帰りはほんの少し、夜桜になっており、昼間と雰囲気が違います。 水路の奥には京都へ向けてのトンネルの入り口が見えます。 

20160405_2_2

20160405_5

三井寺の桜も満開で、TV局の中継車も出ていました。

20160405_5_2

1日目は、ここまでです(万歩計は、21352歩を表示しています)

2日目は、石清水八幡に立ち寄り、京田辺近くの井出の玉川の桜です。
ここは隠れたる桜の名所ということで、人はあまりいません。

20160406_1
川の両岸1.5kmほどに500本の桜が植わっており、ちょうど満開で、まさに見頃といったところです。

ここのすぐ北側に初代の八坂の円山公園の枝垂れ桜と兄弟の枝垂れ桜がある地蔵禅院がありますが、すでに終わっていました。

少し歩きすぎたかな?・・・・疲れました。 少しふくらはぎに違和感があります。
今回、大津駅から三井寺まで往復歩いたのがこたえたようです)

(2日目の万歩計は、13251歩を示していました)

« 丹後鉄道の「丹後の海」に乗車 | トップページ | 久々に轆轤をまわしました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/63457889

この記事へのトラックバック一覧です: 桜紀行…京都と滋賀他:

« 丹後鉄道の「丹後の海」に乗車 | トップページ | 久々に轆轤をまわしました »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ