« 紅葉(?)の赤目四十八滝へ | トップページ | 12月、久々の本焼成 »

オレンジ食堂へ

 12月上旬、とても人気のある熊本県の肥薩オレンジ鉄道に乗車し、朝食を食べてみました。
JR九州のクルーズトレイン”ななつ星”などをデザインした水戸岡鋭治さんのデザインの車両に乗り、景色をめでながら、食事をするというもので、列車は”おれんじ食堂”といわれています。
車内は明るく、席は外の景色を眺めながら、食事ができるよう配置され、木をふんだんに使った作りになっています。

Dsc_1109

 朝、9時過ぎに水俣駅から乗車し、朝食を食べながらの約1時間半、新八代駅までの旅です。 全席指定で、快速といいながら、ゆっくり走ります。
ちなみにランチですと、4時間かけて走る場合もありますが、この場合はあちらこちらの駅で長く停車します。

Dsc_1113

乗車すると、指定席で、滑り止めのランチョンマットの上に、ペットボトルの水、ペーバーナプキン、箸、スプーン、お手拭きがセットされており、席につくと、おしぼりが出てきます。

 次に出てくるのは、サラダ、食べるスープ、パン、デザート、コーヒーで、残念ながら、1品目のサラダしか写真に残していません。

社内の厨房とウェイターさんです。

Dsc_1110

Dsc_1115_2

周囲の景色の案内放送などを聞き、周囲の景色をめでながら、食事をします。

途中の駅ではお土産がいただけます。
その内容は、時期により異なるそうで、写真は今回いただいた分です。

Dsc_1129

食事が終わったら、車内探検(?)で、小生は1号車でしたが、2号車は写真のようになっており、席の配置が違います。

Dsc_1114_2

しばらくの間、楽しい時間を過ごすことができました。

新八代駅で降りると、改札口付近には、次の団体(ツーリズム)の方々が並んでいました。

結構人気があるのですねえ・・・・

 

« 紅葉(?)の赤目四十八滝へ | トップページ | 12月、久々の本焼成 »

観光列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/62818200

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジ食堂へ:

« 紅葉(?)の赤目四十八滝へ | トップページ | 12月、久々の本焼成 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ