« パッションフルーツが鈴なり | トップページ | オレンジ食堂へ »

紅葉(?)の赤目四十八滝へ

 11月も終わりに近づいた27日、三重県の名張市にある赤目四十八滝へ紅葉ハイキングです。

 おりしも、一昨日から急に冷え込み、防寒対策も万全に出かけました。 前日は大阪の箕面の駅から滝まで紅葉をめでながら歩いており、紅葉も終わりかけだったので、赤目の紅葉は期待はしていません。  前日は足慣らしで、メナード青山に泊まり温泉につかって疲れを取り、この日に備え(?)ました。 

 滝の入り口の日本サンショウウオセンターについたのが午前9時、まだ早いため、観光客の方はほとんどいません。 

入口で入場料を払い、センターの中を通って、いざ一番奥の巌窟滝を目指し往復3時間の道のりを進みます。

前日の雨で、川の水は多く、滝は見ごたえがあります。

_20151128_3

 道は狭く、ところどころ急な階段があります。 会談は崖に沿ってへばりつくように設置されているので、途中ですれ違うことはこんな個所がいくつもありますが。 朝が早いのですいすい通れます。

_20151128_5

 落差の大きい滝あり、小さな滝あり、青く透き通った淵あり、さらには大きな岩がごろごろしている間を流れてくる水の景色や、周囲のコケに覆われた岩肌などに目を奪われながら、進んでいきます。

_20151128_9

時折さしてくる太陽の光がきれいにみえることもあります。

_20151128_4

_20151128_7

息を切らしながら、1時間15分、一番奥の巌窟滝に到着。

ここまで、出会った人3人だけ。(だからスムーズに上がってくることができました)

少し休憩をして、今来た道を戻ります。

 帰りは、登ってくる人がだんだん増えてきており、あちらこちらで立ち止まって登ってくる人をかわしながら進みますが、下りなので、体力的には楽ですが、狭い急な階段を下りるのは注意を要します。

往復2時間30分、身に着けた万歩計は14000歩を超えていましたが、心配した体力も何とか大丈夫でした。

この後、奈良の紅葉の名所である談山神社に向かいましたが、ここの紅葉も終わりが近いものでした。 (ここには13重の塔があります)

_20151128_1_2

ついでに前日歩いた箕面の滝の模様もアップしておきます。

_20151127_2

« パッションフルーツが鈴なり | トップページ | オレンジ食堂へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/62773196

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉(?)の赤目四十八滝へ:

« パッションフルーツが鈴なり | トップページ | オレンジ食堂へ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ