最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 伝統工芸 四国展へ | トップページ | ペンダントにも使える犬の箸置き・・・その2 »

ペンダントにもなる犬の箸置き

 新しい作品ということで、何もしなければ、犬の箸置き、皮ひもでぶら下げれば、ペンダントなどアクセサリーにもなる箸置きを作ってみました。

Dscn4163_2

 耳の立っているのが、フレンチブルドッグ、耳が垂れているのが、ブルドッグ、ということになります。

 まずは、フレンチブルドッグの原型1個を粘土で作り、石膏の型を作りました。
作った石膏型は、4日ほど、屋外で乾燥させ、完全乾燥できた段階で、粘土で犬の顔の型抜きをします。

この場合、型抜きした犬は耳の立っているフレンチブルドッグです。 10個ほど型抜きしたら、フレンチブルドッグに仕上げます。
次に、同じように型抜きした後、耳を折り曲げ、ブルドッグにします。(写真下の3個)

型抜きした直後は粘土も柔らかいので、耳を曲げるのは簡単です。
今回、3体のみ作ってみました。  うまく焼成できれば、さらに追加するつもりです。

アクセサリー用に、箸置きのトップには、小さな穴を2個開けています。
完成後は、アマゾンで皮ひもを購入し、箸置きにセットしてネットに陳列するつもりです。

« 伝統工芸 四国展へ | トップページ | ペンダントにも使える犬の箸置き・・・その2 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/62588663

この記事へのトラックバック一覧です: ペンダントにもなる犬の箸置き:

« 伝統工芸 四国展へ | トップページ | ペンダントにも使える犬の箸置き・・・その2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ