最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 展示会後のリフレッシュの旅 | トップページ | ペンダントにもなる犬の箸置き »

伝統工芸 四国展へ

秋晴れの10/25(日) 久々に市内の商店街を通り高松三越へ出かけてみました。

別に買い物をするわけではありません。
高松三越で開催されている”第58回 伝統工芸 四国展”の会場へ行くためです。

このため、美術館の駐車場に車を入れ、丸亀町商店街のアーケードを通って、会場へ行くつもりでしたが、 この日は商店街は、ハロウインの仮装した人々でいっぱいで、通るのに苦労しました。 足元も見なくてはなりません、仮装した小さな子供もうろうろ・・・・足を踏みそうです。

20151025_122620

Dsc_0980
 もちろん 子供さんだけでなく、大人も仮装しています。 外国人の方もちらほら見かけます。 若いご夫婦が子供さんと一緒に仮装して・・・・・ ほほえましいですね。

 苦労して、アーケードを通り抜け、三越につきましたが、中にも変装した親子さん方が買い物をしています。

5Fの会場に行くと、さすがにここには仮装した方々はいません。 ゆっくりと展示品を見て回ることができました。

Dsc_0978

20151025_122748

 会場には、工芸作家79名、146点の作品が並べられています。 大きいものから小さいものまで、やきもの、漆器、木竹工、人形、七宝、染色、などの分野の作品が並べられています。 ここでは、作品に値段がついており、1/5ほどが販売済みのがついています。

 作品を見ながら、どうやって作ったんだろうかなど考えながら、この作品でこの価格は・・・など頭の中で思いながら、会場を回りつつ、そろそろ、ここにも応募してもいいかななどと考えながら、時間を過ごしてきました。

 小生の属しているグループのT崎さんも今年から出品したそうで、会場に見たことのある作品が並んでいました。

« 展示会後のリフレッシュの旅 | トップページ | ペンダントにもなる犬の箸置き »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/62546235

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統工芸 四国展へ:

« 展示会後のリフレッシュの旅 | トップページ | ペンダントにもなる犬の箸置き »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ