« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

ペンダントにもなる犬の箸置き

 新しい作品ということで、何もしなければ、犬の箸置き、皮ひもでぶら下げれば、ペンダントなどアクセサリーにもなる箸置きを作ってみました。

Dscn4163_2

 耳の立っているのが、フレンチブルドッグ、耳が垂れているのが、ブルドッグ、ということになります。

 まずは、フレンチブルドッグの原型1個を粘土で作り、石膏の型を作りました。
作った石膏型は、4日ほど、屋外で乾燥させ、完全乾燥できた段階で、粘土で犬の顔の型抜きをします。

この場合、型抜きした犬は耳の立っているフレンチブルドッグです。 10個ほど型抜きしたら、フレンチブルドッグに仕上げます。
次に、同じように型抜きした後、耳を折り曲げ、ブルドッグにします。(写真下の3個)

型抜きした直後は粘土も柔らかいので、耳を曲げるのは簡単です。
今回、3体のみ作ってみました。  うまく焼成できれば、さらに追加するつもりです。

アクセサリー用に、箸置きのトップには、小さな穴を2個開けています。
完成後は、アマゾンで皮ひもを購入し、箸置きにセットしてネットに陳列するつもりです。

伝統工芸 四国展へ

秋晴れの10/25(日) 久々に市内の商店街を通り高松三越へ出かけてみました。

別に買い物をするわけではありません。
高松三越で開催されている”第58回 伝統工芸 四国展”の会場へ行くためです。

このため、美術館の駐車場に車を入れ、丸亀町商店街のアーケードを通って、会場へ行くつもりでしたが、 この日は商店街は、ハロウインの仮装した人々でいっぱいで、通るのに苦労しました。 足元も見なくてはなりません、仮装した小さな子供もうろうろ・・・・足を踏みそうです。

20151025_122620

Dsc_0980
 もちろん 子供さんだけでなく、大人も仮装しています。 外国人の方もちらほら見かけます。 若いご夫婦が子供さんと一緒に仮装して・・・・・ ほほえましいですね。

 苦労して、アーケードを通り抜け、三越につきましたが、中にも変装した親子さん方が買い物をしています。

5Fの会場に行くと、さすがにここには仮装した方々はいません。 ゆっくりと展示品を見て回ることができました。

Dsc_0978

20151025_122748

 会場には、工芸作家79名、146点の作品が並べられています。 大きいものから小さいものまで、やきもの、漆器、木竹工、人形、七宝、染色、などの分野の作品が並べられています。 ここでは、作品に値段がついており、1/5ほどが販売済みのがついています。

 作品を見ながら、どうやって作ったんだろうかなど考えながら、この作品でこの価格は・・・など頭の中で思いながら、会場を回りつつ、そろそろ、ここにも応募してもいいかななどと考えながら、時間を過ごしてきました。

 小生の属しているグループのT崎さんも今年から出品したそうで、会場に見たことのある作品が並んでいました。

展示会後のリフレッシュの旅

 展示会も終わったので、新たな作品作りに取り掛かる前に、リフレッシュの旅(?)に出かけました。

 今回は、100名城めぐりのフルムーンの旅で5日間の予定です。
東北・北海道他のお城ということで、函館(五稜郭)~松前(松前城)~盛岡(盛岡城址)~山形(山形城)~新発田(新発田城)~川越(川越城)とめぐります。

 五稜郭と山形城は2度目ですが、以前はスタンプ集めはしていなかったためで、川越城は以前訪れたときは改修中だったので、立ち寄らなかったため今回計画しました。

 松前城までは交通の便が悪いので、函館でレンタカーを借りて、片道約3時間かけて到着、途中の海の色がとてもきれいで、景色を眺めながらの海岸線ドライブです。  お城はコンクリートで再建されたており、あまり風情はありません。(天守閣横の門のほうが趣があり、よかったです)
 五稜郭は、もちろん五稜郭タワーに上ると、星型5角形のお城がよくわかります。
 盛岡城址は建物は何もなく、石垣だけですが、紅葉の始まりといったところでしょうか、散歩している方をちらほらと見かけました。

 次の山形城は、門と櫓などが少し再建されています。 ここも中に博物館や野球場など市の建物が設けられています。 この時期イチョウの実である銀杏があちこちに落ちており、あまりよいとは言えない匂いが付近一帯に漂っていました。(早々に退散)

 次は、新潟県の新発田城です。 
ここは門と櫓が3棟残っていますが、敷地のほとんどが自衛隊の基地になっており売り物の3匹の鯱の乗っている三階櫓は、自衛隊の敷地内であるため堀の外からのみ見ることができるという有様です。

最後は、川越城本丸です。 中はあまり見るべきものは・・・・
屋根瓦などに三つ葉葵の紋が入っており、徳川家ゆかりのお城とのことがわかりますが、堀もなく石垣もなくパット見た目には町中に歴史のある大きな屋敷があるといったところでしょうか・・・ お城には見えません。

何とか予定の城をめぐり、集めたスタンプ6個
これで100名城訪問達成まで、残り6城。  何とか来年度までにはおわらせたいと思っています。

これで94個所訪問
今回集めた スタンプです。

Photo

残りは  No.1  根室半島チャシ跡群
      No.16 箕輪城
      No.17 金山城
      No.18 鉢形城
      N0.20 佐倉城
      No.32 春日山城 

 となりました。

続きを読む "展示会後のリフレッシュの旅" »

展示会後の作品作り再開

  2015年度の作品展示会も終了し、その後のリフレッシュ(?)期間も終わり、作品作りを再開しました。

まずは、展示会中に依頼のあった"フクロウ"つくりからです。

"フクロウ"は当て字で"不苦労"とかいて、持っていれば苦労しなくて済むともいわれてる(?)お守りのようなものですから、人気があるのかも・・・・

何とか18日の日曜日午後いっぱいかけて、なんとか形はできました。

P1020615

背の高いもの、低いもの、やや太めのものなど4体。

この日はここでやめ、これ以降は翌日に。

・・・・・・・・

翌日(19日)午前中、羽根の掘り込みを体全体に入れたり、目玉の黒の部分を入れたり、爪の部分の装飾などにとりかかり、その結果が次の写真です。

P1020618

黒い目が入ると、シャキッとしますね。

このまま乾燥させ、焼成に進みますが、出来上がりは年末頃になりますかね。 出来上がれば、本ブログでご紹介する予定です。

2015年度の作品展示会 終了

10月2日から開催していた、陶芸作品展示会が無事終了しました。

Photo

期間中、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

 来場記念品も5日目にはでてしまい、大盛況(?)で嬉しい限りです。 次回はもっと増やさねばなりませんね。

 会場には、退職前の職場の方々にも多数お越しいただき、また、10年ぶり、15年ぶりという懐かしいお顔も拝見でき、昔を思い出し、とてもうれしかった次第です。

 また、小生のつたない作品をご覧いただき、うれしいご感想なども賜り今後の作品作りに活かして行くつもりです。

 展示作品のうち、犬の置物、フクロウ、犬のケーキ皿については、いろいろな方から問い合わせやご注文をいただき、ありがとうございました。  さっそく、対応していく所存です。  今なら、お正月前までには何とかしたいと思っております。

 明日土曜日は、陶芸教室の開催日でもありますので、作品作りよりも今回の展示会の話しでひとしきり盛り上がることでしょう。

続きを読む "2015年度の作品展示会 終了" »

2015年度の作品展示会始まりました

2015年の陶芸作品発表会”第21回研陶酔会作品展”が、始まりました。

昨年と同じ ”三木町池辺公民館アートギャラリー”で、10月9日(金)までの予定です。

朝早く、会場へ出かけ、大汗かきながら会場設営し、みなさんの作品を並べて準備完了。

何とか、お客様をお迎えする準備が整いました。

今回は、14名の会員の力作と 講師の紀太理光先生の作品を並べています。

小生も、今年も大きいものから小さいものまで、いろいろと20点ほど並べてみました。

212015

212016

写真には写っていませんが、掛け花入れも2点ほど壁面に展示しています。

お時間があれば、お越しいただき、作品に関するご意見などをいただければ幸いです。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ