最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

100名城スタンプ九州編完了

5月の下旬、100名城スタンプの九州編ようやく完了しました。

 残っていたのは、大分府内城と豊後竹田の岡城です。
どちらもいぜん訪れたことがあるのですが、その時点ではスタンプ集めてなかったので、今回時候のよいこの時期に行ってみたのです。

Dsc_0567

 大分の府内城は、以前は城内の本丸跡に市民会館がありましたが、今回取り壊され、空き地になっており、市役所の臨時駐車場になっています。 そのため、スタンプ帳に書いてある場所がなくなっています・・・・  第6感で城門の横を見てみると、ありました、小さな机の上にスタンプとスタンプインクが置いてあり、紛失しないようひもでつないであります。(赤穂城と同じスタイルです)  シャチハタでないため、明瞭には映りませんが仕方ありません。

最後の岡城は、以前とは変わっていません。 ここは入場券が特殊で、しおり状の登城手形と、巻物状の案内状です。

Dsc_0566

この案内状の裏面は、ミニの掛け軸になっています。

Dsc_0564

以前と変わったのは、巻物(案内状)の色が藤色から緑になったくらいですね。
場内は、以前と同じように発掘作業中のところもありました。

ここは、春の桜、秋の紅葉の時期に来るのがいいようですね。

今回九州編が終わったことで、100名城まで残りは・・・・数えてみると・・18か所になりました。 まあぼちぼち済ませていくことにします。

------------------------------------

残りは・・・・北海道の3か所、東北の盛岡城と山形城、千葉の佐倉城、新潟の新発田城と春日山城、群馬の箕輪城、金山城、埼玉の鉢形城と川越城、滋賀の小谷城、観音寺城、三重の伊賀上野城、岐阜の岩村城、長野の松本城、愛知の長篠城を残すだけです。 この感じでは最後に1番が残るだろうなあ・・・

久しぶりの本焼成です

GWは、素焼きした分がたまってきたのと、ネットなどで作成依頼のあった分はたまったので本焼成をしました。

Dsc_1051

写真の作品以外にもいくつかあるのですが、今回は写真に写っているものについてご紹介します。

写真上の方は、半磁器で作った一輪挿し、飴釉に藁灰を重ね掛けして、釉薬の流れ景色に成るようにした茶碗、本体に白化粧土を薄くぬり、彫刻刀で彫った茶碗です。

その下の列は、半磁器土で作った茶碗で、外回りに渦巻き模様や波の模様を入れています。
作品に 銘(名前)を付けるとすれば、さしずめ「抹茶碗・うず」「抹茶碗・なみ」といったところでしょうか。 うずは、高台から続いた模様にしてあります。

その下は、作成依頼のあった節分の香合で、二の外には鬼、内側には福をつけてあります。
節分といえば、「鬼は外、福は内」ですからね。

その隣は、ネットで作成依頼のあった、ヒラメの香合です。

一番下の並びは、余った粘土で作ったヒラメの箸置きとアンコウの箸置き、それと下絵つけしてみたお皿です。 
何の絵かって?・・・・ツワブキのつもりですが、そう思ってみていただければ幸いです。

GW恒例の「讃岐のやきもの展」へ

 コールデンウイークの3日は、毎年栗林公園で開催されている「讃岐のやきもの展」へ行ってみました。

Dsc_1049

 昨年までは、園内の商工奨励館の別館で開催されていたのですが、今年は場所東門横にかわり、駐車場から公園入口の間にある栗林庵になりました。

 昨年までですと、公園入場料が必要だったのですが、今年からは不要になりました。 公園付近を通りがかった方も見ることができますから、よくなったのではないでしょうか。

Dsc_1050

 県内で活躍する陶芸家の作品が展示されていましたが、今回珍しい作品も展示されていました。 

 その作品は、本体は陶器ですが、釉薬の代わりに漆を塗布しているものです。
あまりピカピカせず、柔らかい感じに見えましたが、作者に漆だと扱いが大変なのではないですか?と尋ねると、使用後は中性洗剤で洗えば問題ないとのこと。 

自分で試行錯誤して作ってみたとのことでした。 もちろん普通の陶器の器なども並べてあります。

 漆を使うとなると、懸念されるのは、漆にまけることですが、その辺も、このころは体が慣れてきたとのこと、でも皮膚の薄いところにつくとまけて痒くなるそうで、やはり十分に注意して作っているようです。 

 小生も、ちょっとやってみようかなとも思ったのですが、やはり漆にまけることを考えると躊躇します。 

作家の皆さんの作品を眺めて、会場を後にしたようなわけです。

続きを読む "GW恒例の「讃岐のやきもの展」へ" »

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ