最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

浄瑠璃寺、岩船寺、円城寺界隈を訪ねて・・

 少し暖かくなった2月23日、京都と奈良の県境近辺にある浄瑠璃寺岩船寺円成寺に訪れてみました。
 この時期、花には少し早く、もちろん紅葉もありません。・・・普段なら樹木に隠れて見えない建物などがよく見通せるはずだからです。

 最初は浄瑠璃寺です。

Dsc_0881

 ここは本堂と庭園の池と三重塔が東西にまっすぐ並んでおり、春分の日と秋分の日には、太陽が三重塔の真上から出て本堂の真ん中あたりに沈むように配置されています。 参道には、馬酔木の花が咲き誇っていました。 また、参道わきにある食事処の庭では、”元日桜”がちらほらと咲いており、春はすぐそこに来ていることが感じられます。

また、参道わきの土産物店には、やきものが並べられており、その中にはやはりお寺の門前ということで、小さな仏像も並べられていました。

Dsc_0882

次は、岩船寺です。

Dsc_0883

 ここも本堂と池と三重塔がありましたが、浄瑠璃寺のように並んでいるわけではありません。
 ここは、花の寺(アジサイ)として有名で、開花時期には多くの観光客でにぎわうそうです。 

 ここへ来る途中、リュックを背負って歩いている肩をちらほら見かけました。 浄瑠璃寺から岩船寺の間にはたくさんの石像があるそうで、それを眺めながら歩いている方も多いそうです。
また、道路わきでは数匹のニホンザルをみかけましたが、餌をさがしているようでした。

最後は円成寺です。
Dsc_0888
 ここには、国宝や重要文化財の建物、仏像が数多くあります。
本堂内部の4本の柱には本尊の阿弥陀如来に従うように、観音菩薩などが様々な楽器を奏で、舞い踊っている姿が極彩色で描かれています。(少し暗いのでわかりにくかったのですが、よく目を凝らして見つめると、確認できます。 描かれた当初はとてもきらびやかだったのが想像できます。

Dsc_0885

Dsc_0887
これも国宝です(日本で一番小さな国宝の建物だそうです)

この辺で、暖かかった気温も急に下がって、少し寒くなってきたので、帰路につきました。

PC取り換えようやく完了

2015/2 小生のPC 時々変な動きをすることがあるので、この際思い切って新しいPCに取り換えることにしました。(約5年半使ったので、そろそろかね?)

子供のPCもそろそろ買い替えの時期(?)なので、ついでに交換ということで思い切って2台まとめで購入。(もちろん、2台ですので、値引きしていただきました)

帰宅後、手順に従い、2台のセットアップをし、夕方までにどうにかネットとメールができるようになりました。
小生の分は、この後周辺機器を接続しなくてはいけません。 夜にぼちぼちと作業をし、危機がの稼働を確認して、この日は終わり。

翌日、ネットを使用しようとすると、あれあれ まったく使用に耐えないくらい遅いのです。 
原因は、昨夜接続した機器のソフト類が悪さをしているのだろうと考え、昨夜インストールしたソフトをのうち、関係ないだろうと思うものを削除しながら、ネットの動きをチエックします。

いくつか削除した後、ネットも、メールも問題なく(さくさく)動くようになりました。

この後、関係する機器がちゃんと動くかどうかももちろん確認し、問題なく動くことがわかりました。(機器のメーカー提供CDのソフトすべてインストールしていたのですが直接機器に関するものだけ残してみたらOKでした)

どの機器(?)だって?   EPSONの複合機関係で、プリンターとスキャナー関連だけにしたらOKでした。

その結果、現在はWindows8.1で動いていますが、まだ使い始めなので、これまでのVistaと違って、なかなか使いにくいですね

Pc

100名城・島原城と佐賀城

2015年の1月末に、日本100名城の九州地区の佐賀城と島原城に出かけてみました。

 いずれも、以前行ったことのあるお城ですが、100名城スタンプのない時期だったもので、今回スタンプは忘れずに押さなくてはなりません。

 出発当日、岡山駅でのマリンライナーから新幹線への乗り換え時間は8分ですので予定では十分でしたが、何と岡山駅直前でマリンライナーが緊急停車・・・・車内放送によると、線路内に人が立ち入った為だとのこと・・・・しばらく動きません・・・・・この時点で、乗り換えが間にあわないことを覚悟しましたが・・・・・停車してから5分くらいして、動き出し・・・・うーん、間に合うかな?

 岡山駅到着は、新幹線の発車時刻の1分半ほどですが、とりあえず階段を走って、走って、改札を抜け、新幹線ホームへ・・・階段を上がりきった時、ちょうど新幹線が停車したタイミングでしたので、どうにか間にあいました。

 でも、足はもつれ、息も絶え絶え・・指定席に座ってホッとし、少し息が落ち着いて脈拍を測ると140を超えています。 ・・・・出だしからこの調子で、この先何もなければ良いが・・・

 予定通り、佐賀駅に着くと、時間に余裕があるので、歩いて佐賀城本丸まで歩き、帰りに佐賀座に立ち寄って陶磁器を鑑賞して一服するつもりで、観光案内所で、佐賀座の場所を尋ねると、『少し前に閉店し、建物もありません』とのこと・・・(ネットでみたら有ったのに・・・) やむなく、お城を見て、市内をぶらぶらして戻ることにしました。

20150128

20150128_2_2

 佐賀城本丸は、入場無料です。(展示物は、余りありません)。内部に入って気がついたことは、釘隠しが全くないことです。 他のお城の本丸御殿などは、家紋の釘隠しを使っていますが、ここは釘そのものが見えます。 本丸御殿はほとんどは再建されたものですが、一番奥舞ったところには昔の建物があり、照明はありません。

戻りは、市内をぶらぶらですから、足元や頭上を見ながら駅方向にもどります。

20150128_3

20150128_2_4

20150128_5

足元だけでなく、街灯もムツゴロウです。

Photo_2

この日は、古湯温泉に泊まり、翌日島原に向かいます。

島原駅に着くと、観光案内所を探しますが・・・ありません。

 駅前の派出所のお巡りさんが歩いていたので、尋ねると、『観光案内所は有りませんが、観光マップなどは、派出所に備えています』とのことでしたので、市内観光マップを頂き、市内散策開始です。

マップを見ながら、武家屋敷をまわって、島原城に上ります。
島原城はほとんど人がいません。  ピンクの忍者の服装をした元気なお姉さん(?)の声(いらっしゃいませ、ありがとうございました)がやたらと響き渡ります。

 
天気予報が当り、このころから雨に見舞われました。

20150129

島原城のあとは、鯉の泳ぐ街へむかいます。

 島原はいたるところで湧水があり、所によっては飲むことが出来るよう柄杓が備えられています。 この湧水を利用して、通りの脇や、街角の小公園には鯉が放たれています。 水がよく流れているので、鯉は全て同じ方向を向いて泳いでいました。 山陰の津和野も鯉が用水路で泳いでいますが、湧水のため島原の方が水はとてもきれいです。 

この日は、島原温泉に泊まり、翌日帰宅することにしました。

 帰りは、”かもめ”で新鳥栖駅まで行き、”さくら”に乗り換えるのですが、”かもめ”が遅れたため、ここでも乗り換え予定時間8分の予定が3分になり、また走らないといけないのかなと思ったのですが、ゆうゆう間にあいました。・・・・その理由は、新鳥栖駅で降りる人がほとんどいません。 小生らを含めて5人。 さらに在来線の改札口から新幹線の改札口までは30m有るかどうかという近い距離だったためです。 

----------------------------------

 これで 100名城のうち九州地区は、残り2つ(岡城と大分府内城)になりました。 今年中には制覇するつもりです。・・・いずれも行ったことがあるのでどのようなところかはわかっていますが、時期的には桜の季節か紅葉の季節がベストですがね・)

 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ