最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 御影土で一輪ざしを作る | トップページ | 紅葉の京都、泉涌寺等へ »

富田焼吉金窯の作陶展へ

 富田焼吉金窯の作陶40年記念茶陶展へ行ってきました。

紀太理光先生の作陶展で、11月23日まで高松市御坊町福善寺2階で開催されています。

 紀太理光先生は、小生が毎週土曜日に通っている陶芸教室の先生です。

2014_1122_163340dscn1411

会場入り口の道路わきには、大きな案内看板が立っていますので、すぐわかりました。

4020141122

 会場に入ると、案内のはがきに描かれていた作品は無論のこと、花などを描いた茶碗や水指、花入れなどが所狭しと展示され、茶碗の正面が見やすいように配置されています。

 

 先生の作品は、花や景色などを浮き彫りにして、色つけをし、金やプラチナを随所で使っている作品が多く、華やかな感じがします(手間は相当掛かっていますね)

 単に釉薬をかけて、窯変を期待している小生の作品とは大きく違います。

 約1時間、じっくりと観賞させていただきました。 もちろん今後の小生の作品作りの参考にさせていただくつもりです。

 購入したかって?  いえいえ、年金暮らしの小生には手手も手が出ない金額ですから、見せていただくだけです。

« 御影土で一輪ざしを作る | トップページ | 紅葉の京都、泉涌寺等へ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/60694446

この記事へのトラックバック一覧です: 富田焼吉金窯の作陶展へ:

« 御影土で一輪ざしを作る | トップページ | 紅葉の京都、泉涌寺等へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ