« 田んぼアートの田舎館村へ | トップページ | 日本一の超高層ビル”あべのハルカス”へ »

メバルの箸置き作り

9月の最初は、新しいデザインの箸置き作りです。

再生粘土がひと固まりだけあるので、作ってみました。

どのようなものにするか、魚の図鑑をみながら考えます。
これまでに、ムツゴロウ、ハゼ、スルメイカ、アオリイカ、ヒラメ、カレイは作っていますので、今回はメバルにすることに・・・ 大きな目玉にします。

もちろん、出来上がったものは、具合が良ければ、ネットショップに並べる予定です。

大まかな形から石膏型を作り、完全に乾いてから、型抜きです。

 型から抜いてもそのままでは駄目ですので、少し乾燥が進んだ段階で、周囲や裏を削り、形を直します。

 7、8の2日かけて12個作りましたが、早く作った分から乾燥が進み、白くなっています。 

とりあえず12個作ったのですが、粘土がまだ余っているので、もう少し追加していきます。

2014_0908_154255dscn1284

目玉を書き入れたものとまだ書き入れてないものがそれぞれ6個です。

目玉が描かれるとちゃんとした魚に見えますね。

この後素焼きして・・・・オレンジ色を吹きつけて釉薬を掛ければ”メバル”になるはずですよね。

« 田んぼアートの田舎館村へ | トップページ | 日本一の超高層ビル”あべのハルカス”へ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/60283306

この記事へのトラックバック一覧です: メバルの箸置き作り:

« 田んぼアートの田舎館村へ | トップページ | 日本一の超高層ビル”あべのハルカス”へ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ