« 抹茶碗2種、少し手間をかけて・・・ | トップページ | 線象嵌の花瓶とクレマチスの茶碗 »

関ヶ原古戦場と彦根城

 天下分け目の合戦の行われた関ヶ原古戦場をぶらり散策し、そのあと彦根城へ行くツアーがあったので参加。

 この日(2/26)は4月初め頃のような暖かい日であり、絶好の散策日和でした。

 最初に、関ヶ原民族歴史資料館で勉強し、付近にある東軍の大将、徳川家康の最後陣跡を訪れ、西軍の大将、石田光成の陣跡の笹尾山までの移動です。

先ずは東軍の家康の最後の陣跡です。

Dsc_0127

奥にあるのは、徳川家康の床几場で、首実験をした場所です。

Dsc_0126

次は、西軍の石田光成の陣跡です。

Dsc_0129

 西軍の石田光成の陣跡の笹尾山の中腹からは、関ヶ原古戦場が一望でき、場所としてはとても良いところのように思えます。

Photo

この日はあいにく中国からのPM2.5の影響で、遠くがかすんでいます。

 途中 関ヶ原ウオーランドの横を通って行きましたが、車窓から見える感じでは、園内には武者人形がいたるところに設置され、合戦の様子(?)を再現しているような感じでした。

 この後、彦根城に移動し、お城散ですが、途中ひこにゃんと遭遇です。

Dsc_0142_2

 このひこにゃんは看板ですが、下のひこにゃんは、実物で、観客の前でいろいろとポーズをとりカメラに収まっていました。(この頃は、くまもんに押され気味ですが、しぐさがかわいいですね)

Dsc_0139

 

« 抹茶碗2種、少し手間をかけて・・・ | トップページ | 線象嵌の花瓶とクレマチスの茶碗 »

城、城跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/59212848

この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原古戦場と彦根城:

« 抹茶碗2種、少し手間をかけて・・・ | トップページ | 線象嵌の花瓶とクレマチスの茶碗 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ