最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 桜の茶碗ようやく完成、新たにぐい飲み作り | トップページ | 抹茶碗2種、少し手間をかけて・・・ »

残りのぐい飲み作り

2月19日、来る4月上旬に必要な”ぐい飲み”残りの8個と予備の2個、合わせて10個、轆轤で引いて作りました。

作ったとはいえ、まだ高台を作ったまで、焼成はまだです。

20142

今回は、先日作った物と形を変えてみました。

2014_0222_174056dscn0987

左側が、先日作った形で12個、 右側が、今回作った形で10個、今回は高さを高くしてみました。

問題はここから之装飾ですが、どうしようか思案中です。

 化粧土で刷毛目にしようか、または模様を彫りこんでみようか、それとも釉薬の掛けわけにしようか、いや、重ね掛けにしようか・・・・へたな絵でも描くか・・・・備前焼風にしようか・・・・・

考えているうちに、乾燥が進み、模様を彫りこむのは難しくなってきました。

この調子でいくと、釉薬の掛けわけになりそうですね。

3月には焼成まで完了する予定で、ぼちぼち進めていきます。

« 桜の茶碗ようやく完成、新たにぐい飲み作り | トップページ | 抹茶碗2種、少し手間をかけて・・・ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/59181173

この記事へのトラックバック一覧です: 残りのぐい飲み作り:

« 桜の茶碗ようやく完成、新たにぐい飲み作り | トップページ | 抹茶碗2種、少し手間をかけて・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ