« 旅の最後は、名古屋城 | トップページ | 残りのぐい飲み作り »

桜の茶碗ようやく完成、新たにぐい飲み作り

 2014年の2月も半ばを過ぎ、そろそろ桜のシーズンが始まります。

昨年12月に轆轤で挽いて、模様つけしておいた桜の茶碗、ようやく本焼成がおわり、完成となりました。

 轆轤で挽いて、模様つけした時点では、粘土は湿っていますので、本体の色は黒くなっていますが、本焼成した後の本体の色は薄いクリーム色です。

Photo

仕上がりの寸法は、直径12.3cm、高さ7.5cmで普通サイズです。

 茶碗本体に桜の花びらを散らせていますので、これからの桜の季節にぴったりなのではないでしょうか。 (桜といってもサクラソウのようです)
もちろん、高台も桜の形にしています。

 これでお茶を飲むと・・・・・気持がうきうきしてきそうですね。

この茶碗は、ハンドメイドのショップ、”tetote””iichi”に出品することにします。

----------------------------------

また、久々に轆轤を廻して、ぐい飲み作りです。

今回は25個作るつもりですが、とりあえず12個作ってみました。 

2014

形は、微妙に違いますが、内径はほぼ同じです。
昨日(17日)、轆轤を挽いて、今日午後、高台を削ったところです。
このぐい飲みは、4月当初に必要ですので、残りの分は、近日中に轆轤を挽いて作るつもりです。

« 旅の最後は、名古屋城 | トップページ | 残りのぐい飲み作り »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/59157147

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の茶碗ようやく完成、新たにぐい飲み作り:

« 旅の最後は、名古屋城 | トップページ | 残りのぐい飲み作り »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ