« 紅葉の京都嵐山そぞろ歩き | トップページ | 桜の茶碗 »

ムツゴロウの香炉

以前素焼きまでしていた”ムツゴロウの香炉”、ようやく釉薬をかけて完成しました。

乳白釉を薄くかけて、ムツゴロウの斑点が見えるようにしてみました。

2013_1206_163922dscn0926

2013_1206_164035dscn0928_2

蓋のつまみの部分のムツゴロウは、”僕が一番だ”とでも言うように胸を反らせていますが、本体の横の2匹のムツゴロウは、その位置を虎視眈々と狙っているような感じに見えませんか?

それとも、蓋の上が雌のムツゴロウで、本体が雄のムツゴロウと考えれば、雄が雌の気を引こうとしているようにも見えますね。

蓋には放射状に水滴状の模様の穴をあけています。

2013_1206_164051dscn0929

内部はこのようになっています。

なお、サイズは、縦7cm、横10cm、高さ5cmで手のひらに載る小ぶりな大きさです。

もちろんこの作品も、ネットショップに陳列してみました。

2013_1206_164035dscn0928

« 紅葉の京都嵐山そぞろ歩き | トップページ | 桜の茶碗 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/58719468

この記事へのトラックバック一覧です: ムツゴロウの香炉:

« 紅葉の京都嵐山そぞろ歩き | トップページ | 桜の茶碗 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ