最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 会津若松鶴ヶ城はとてもすいていた。 | トップページ | 2014年の干支の午などが完成 »

新津市の中野邸美術館へ・・・紅葉と唐津焼展示会

11月19日は、新潟県新津市の中野邸美術館へ。

 ここは、石油王である中野貫一、忠太郎親子が築造した邸宅と庭園および中野家から寄贈された美術品を公開しており、邸宅は新潟県における明治時代の代表的木造建築であり、庭園は40年という長い年月をかけて築庭したものです。 隣にはもみじ園があり、現在紅葉真っ盛りで、赤色や黄色、橙色で覆われており、園内を散策する多くの人で賑わっています。 雨上がりだったので、遊歩道に散った紅葉も綺麗に見えます。

Dsc_0153

Dsc_0155_2
もみじ園の後は、美術館の唐津等のやきもの展に移動。

ちょうど今の時期、小生好みの古唐津展、中里隆展、中里逢庵展、中国陶磁展が開かれていました。

ここは美術館にしては珍しく、写真撮影OK、ただし三脚を使うのはNGとのことです。

展示品のうちいくつかをカメラに納めさせていただきました。

Dsc_0160

 

Dsc_0161_2

Photo

Dsc_0165

掻き落とし、三島、三彩、刷毛目・・・・・などの作品が展示されています。

 これら作品のいくつかは、まねて作ることが出来るかなと思い、いずれ挑戦してみようと思っています。

Dsc_0155

« 会津若松鶴ヶ城はとてもすいていた。 | トップページ | 2014年の干支の午などが完成 »

文化・芸術」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/58612962

この記事へのトラックバック一覧です: 新津市の中野邸美術館へ・・・紅葉と唐津焼展示会:

« 会津若松鶴ヶ城はとてもすいていた。 | トップページ | 2014年の干支の午などが完成 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ