« 石膏型が完成し、型抜きしてみました | トップページ | 新津市の中野邸美術館へ・・・紅葉と唐津焼展示会 »

会津若松鶴ヶ城はとてもすいていた。

100名城の会津若松の”鶴ヶ城”です。

11月18日の平日だったためか、現在放送されているNHKの大河ドラマ”八重の桜”の舞台である鶴ヶ城ですから、行く前は多くの観光客で混雑しているかと思いましたが、思いのほかすいていました。

Dsc_0143
紅葉シーズン真っただ中であることから、城内の楓、紅葉、銀杏等が綺麗に色づいており、堀の水面にも綺麗に映っており、ガイドさんから鶴ヶ城のビューポイントとして紹介されています。

天守閣の石垣は野面積みで、東北大震災時の大きな揺れにも耐え、地震に強いことを証明したといっていました。 一方、野面積み以外の石垣は、何箇所か崩れたとのことです。

Dsc_0135
 このお城は昭和40年に鉄筋コンクリート造りで再建されており、階段は緩やかで歩きやすくなっています。 

この鶴ヶ城の屋根瓦は、再建時は通常の黒い屋根瓦だったのですが、平成23年に幕末時と同じ赤瓦に変更したことで、屋根が赤くなっています。 しかし思ったほど赤くはありませんでした。 太陽が当たるともっと赤くなるのでしょうかね?(この日は曇りがちで今にも雨が降りそうな天気でした)

Dsc_0141

Dsc_0140

天守閣最上階からの景色です。

 天守閣最上階からぐるりと市街地を眺め、100名城のスタンプを押印して、次の目的地である飯盛山に向かいました。

(ちなみに、スタンプは出口付近の売店のカウンターに置いていました)

« 石膏型が完成し、型抜きしてみました | トップページ | 新津市の中野邸美術館へ・・・紅葉と唐津焼展示会 »

城、城跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/58612870

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松鶴ヶ城はとてもすいていた。:

« 石膏型が完成し、型抜きしてみました | トップページ | 新津市の中野邸美術館へ・・・紅葉と唐津焼展示会 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ