最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« カフェ・アンジュさんに置いていた作品引き上げ | トップページ | プーシキン美術館展へ »

足立美術館の北大路魯山人展へ

 10月6日の日曜日、島根県の足立美術館でこの日まで開催されている”北大路魯山人展をみにどぇかけてみました。

足立美術館はこれで4度目でしょうか。 しかし新館がオープンしてから初めての訪問です。

本館から入っていくと館内の様子が以前とはだいぶ変わっていました。

先ずは庭園の鑑賞です。
一部紅葉が始まっている部分もありました。

1

  庭園鑑賞の後は、本館の展示室の絵画です。
ここは、”横山大観とその同志たち”をテーマに横山大観とともに日本画の革新に意欲を燃やした菱田春草や下村観山など、TV東京のなんでも鑑定団でよく出てくる名前の作家の作品が展示してあり、これらを鑑賞。 その後、今回の目的の新館の北大路魯山人展に移動です。

新館には、本館入場ゲート横から地下道でつながっていました。

 お目当ての陶芸作品の展示ですから、じっくりと見て回ります。
北大路魯山人の作品は、一部は以前からここの本館の1階に展示していたのですが、今回はそれらとともに初展示の作品が沢山ありました。

 陶器の絵付け等非常に参考になるものが沢山あり、約1時間かけて全作品を見させていただきました。もちろんギャラリースコープを活用し細部まで鑑賞です。

 いつも思うのですが、日本の美術館は写真撮影禁止になっていますので、じっくりと目に焼き付けたつもりですが、歳のせいか時間とともに消えて・・・・・。

足立美術館を後にし、某所で食事をとり、地図を見たら、近くに”福富神社”というのがあったので、お参りし(何をお願いしたのかはヒミツ・・・でも神社の名前からわかるでしょうね)

20131006_140112

効き目がありそうですが、結果はどうでしょうかね?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 帰宅後、ネットで調べてみると、ここは、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)との事代主命(コトシロヌシノミコト)をまつってあり、コノハナサクヤヒメノミコトは美容整容、安産延命、コトシロヌシノミコトは契約有利、殖産振興にあらたかとのことで、宝くじや馬券に効き目があるというのではないようです。 そのためか、当日の馬券は大外れ・・・

« カフェ・アンジュさんに置いていた作品引き上げ | トップページ | プーシキン美術館展へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

福富神社ーー名前がいい神社ですね。
これからきっといいことがあるかもね


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/58339398

この記事へのトラックバック一覧です: 足立美術館の北大路魯山人展へ:

« カフェ・アンジュさんに置いていた作品引き上げ | トップページ | プーシキン美術館展へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ