最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 6月1回目の焼成です | トップページ | 龍頭の滝と八重の滝で納涼? »

6月1回目焼成の結果

6月20日早朝に本焼成のため窯のSWをONした結果です。

今回、さや鉢を2段重ねて使ったので、焼成効率は悪く、2段半分しか焼成できませんでしたので、焼いた結果を写真の通りです。
2013062 一番奥の向かって右側の花入れは還元状態で、その他は酸化状態で焼いていますので、奥の花入れ2つは、同じ粘土を使い、同じように松灰をかけたのですが、焼成結果は違っていますね やはり還元状態で焼く方が落ち着いた色になり、結果はいいようです。

20130621_6

”トトロ風の箸置”は、白の釉薬をお腹の部分に掛けて焼成しました。
1個づつの手作りですので、ひげの角度、目鼻の位置、口の形などが微妙に違い、いろいろな表情になっています。

20130621_7

今回懸案のさや鉢に入れて焼成したものです。

松灰を薄く吹きつけ、自然釉がかかった備前焼風になるはずでしたので、思った通りの結果になっており、一安心です。

 さや鉢に入れて木炭を詰めたところが、黒くなっており、松灰を掛けたところがゴマに、厚く掛かったところが流れて、いろいろな景色が出来ています。 この作品は、焼成を頼まれたものですので、ほっとしました。

201306_3_220130621_5

写真のお皿は、和紙染の作品です。
直径20cmで周囲に呉須で、3種類の木の葉を、濃淡をつけて描いてみました。 

使いやすい大きさではないかと思います。 
これは、来月の作品展示会に出品するつもりです。

201306_3

« 6月1回目の焼成です | トップページ | 龍頭の滝と八重の滝で納涼? »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/57636648

この記事へのトラックバック一覧です: 6月1回目焼成の結果:

« 6月1回目の焼成です | トップページ | 龍頭の滝と八重の滝で納涼? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ