最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« グループの陶芸展の案内です | トップページ | 6月1回目の焼成です »

鳥取城跡は、思ったよりも立派だった

 6月18日、日本100名 城の鳥取城跡に行ってみました。
ここは、秀吉が兵糧攻めをし、餓死者が多数出たことで有名な城です。

 以前、城跡の中にある仁風閣には行ったことがあるのですが、その時、山の手に石垣があり、二の丸、天球丸等の跡が整備されているようでしたが、時間がなかったので、下から眺めただけでした。

 今回、時間があったので(・・毎日が日曜日・・)城跡に足を延ばしてみました。

2006年以降、順次幕末期の姿に復元していく予定になっているお城とのことですが、完成は30年先の予定ですので、そこまでは待てません。

Dsc_0411先ず、県立博物館と、仁風閣の間にある門をくぐります。
この門も、復元されたもので、仁風閣の入り口の山側にありますが、余り目立ちません。

Dsc_0424

門をくぐってすぐに、立て看板がありました。

熊、イノシシが出没しますので注意の看板です。

真ん中のところに、2013年6月3日に久松山山頂付近で熊を見たとの張り紙です。

久松山山頂というのが江戸時代の天守閣があったところですので注意が必要です。

石段を登っていくと、石段わきにはイノシシの足跡がたくさんあり、掘り返したような跡があちこちにあります。(熊、イノシシに遭遇しないよう、熊よけの鈴を持参)

Dsc_0413Dsc_0414_2Dsc_0415_2Dsc_0419_2石垣の復元は着々と進んでいるようです。

ここには円形の石垣があります。 初めて見る石垣の形です。

ここ円形の石垣の近くに排水用の溝があったのですが、小生の大嫌いな蛇の這った痕が無数に残っていました。 後で調べてみると、この久松山は蛇も多いようです。

 ここで恐れていた雨が降り始めだんだんと強くなりそうでしたので、(熊に会うのも怖いから)散策もここまでとし、山上はあきらめ、仁風閣の受付に行き、100名城のスタンプを押して引き揚げました。

約1時間いたのですが、城跡内で遭った方はわずか1名でした。 先日の郡山吉田城のように100名城を表に出してのぼりを掲げ観光客を誘致しているといったような事はありません。 いまは、鳥取自動車道全線開通が目玉ですね。

 

Dsc_0414

Dsc_0415

« グループの陶芸展の案内です | トップページ | 6月1回目の焼成です »

城、城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/57625484

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取城跡は、思ったよりも立派だった:

« グループの陶芸展の案内です | トップページ | 6月1回目の焼成です »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ