« サンポートのマンホールの8個目見つけました。 | トップページ | 久々の箸置きの新作です »

吹割の滝は凄~い・・

 数年前から行ってみたかった”吹割の滝”、ここへ立ち寄る2泊3日のバスツアーがあったので、参加しました。

 この滝は、高さは7mほどしか無いのですが、幅が30m以上もあり、東洋のナイヤガラとも呼ばれており、水量も多く迫力十分です。 滝の場所は、群馬県の沼田市から日光へ通じる道の傍にあります。
尾瀬へ行くのも、普通はこのあたりを通り、鳩待峠の方に向かうことになります。
というような場所なので、個人では、簡単には行きにくいところになります。

20130519_4道路から片品川に向けて下っていくと、滝が見えてきます。これは吹き割りの滝ではなく、鱒飛の滝です。 この日はとても水量が多く、まだ近くまで行っていないのですが、水しぶきが飛んできます。

写真で見えているところに降りると、ミストシャワーを浴びているみたいですが、この日は天気も良く30℃近くあったので、気持がよかったです。

そこから上流に少し歩いていくと、いよいよ目当ての吹割の滝です。

20130519_6_220130519_8_220130519_9_220130519_10たびたび事故が起きるとかで、これ以上近くへ寄らないでというためにロープが張ってあります。 注意喚起の文字が大きく岩盤上にペンキで書かれています。  滝の上流に向かって歩いて行くのですが、遊歩道のすぐ横をごうごうと流れていますので、水の流れをじっと見ていると吸い込まれそうになります。 

ーーーーーーーーーーーー( マンホールデザイン )ーーーーーーーーーーーーー

2013051920130519_320130519_2_2前日は、高松発で北陸道経由で野沢温泉に宿泊、バス旅(10時間)の疲れをいやしたのですが、ここは野沢菜の発祥地でもあることから、石碑が立っています。また長野オリンピックの舞台にもなったのでマンホールにはそのデザインがあります。  
オリンピックの分は、長野駅付近にはカラーの分があります。

20130520_2ちなみに、吹割の滝の所のマンホールは、当然吹き割りの滝と、上流の橋でした。

この日は、四万温泉で泊まり、翌日の長い長いバス旅のために、疲れを残さないようにするため、温泉で疲れをいやし、翌日に備えた次第です。 

20130519_9

 

20130519_6

20130519_8

« サンポートのマンホールの8個目見つけました。 | トップページ | 久々の箸置きの新作です »

マンホールデザイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/57443606

この記事へのトラックバック一覧です: 吹割の滝は凄~い・・:

« サンポートのマンホールの8個目見つけました。 | トップページ | 久々の箸置きの新作です »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ