最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 吹割の滝は凄~い・・ | トップページ | 京のぶらり(その1・・・蘆山寺、清涼寺、祇王寺、大覚寺) »

久々の箸置きの新作です

 5月初めての作品作りですが、グループの作品展示会も近いので、今回は、新しい箸置きを作ることにしました。 

 ここのところ、急に暑くなってきたので、粘土の乾燥が早くなりましたので、細工する時間は注意しなくてはなりません。

20130523今回は、トトロ風の猫です。(これは、軽井沢の陶器店で販売していたものに、少し手を加えています。  ・・・もちろん、サンプルとして1個購入しました)

手順は、次の通りです。

1. 型紙を作ります。
2. 粘土をよく練って、板状に延ばします。
3. 型紙に沿って、粘土を切り抜きます。
4. 切り抜いた粘土を、直径5cmくらいの棒状のものに押しつけて、カーブを付けます。
   (この時点で、少し乾かします)
5. やや乾燥した時点で、本体の面取りをし、湿ったスポンジで、角をなでておきます。
6. 同じ粘土を直径2mm位の球形に丸めて鼻にし、本体にくっつけます。
7. 白の粘土を同じように球形に丸めて目玉にし、本体にくっつけます。
8. 針で、口と髭等を書いていきます。
9. 黒の化粧土を針の先に付けて、目玉に乗せていきます。
   (口の形と目玉の黒の場所で表情が大きく変わってきます)
とりあえず、これで焼成前の作業は完成です。

 写真には、腹の部分が白いものがありますが、最初は白の化粧土で描いていたのですが、焼いたときムラになる恐れがありますので、3つ程で止めにし、残りは釉薬を乗せていくことにしました。

完成は・・・・・・今のところ窯がスカスカなので、一杯になる7月上旬頃でしょうかね?

« 吹割の滝は凄~い・・ | トップページ | 京のぶらり(その1・・・蘆山寺、清涼寺、祇王寺、大覚寺) »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/57456127

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の箸置きの新作です:

« 吹割の滝は凄~い・・ | トップページ | 京のぶらり(その1・・・蘆山寺、清涼寺、祇王寺、大覚寺) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ