« 京都・雨宝院の桜を・・ | トップページ | 湯呑と一輪ざし »

再生粘土で花瓶作り

暖かくなってきたので、再生粘土を利用して花瓶を作ることにしました。

 今回は再生粘土のため、いろいろな種類の粘土が混ざっていますので、よく練って土を均一にしておかないといけません。 
 今回の土をよく見てみると、赤土や白土、黒土、顔料を混ぜて作った緑色の土などいろいろ混ざっていますので、体が温かくなるくらいまでしっかりと練って均一にします。

本来なら、再生した粘土は、この後しばらくの間、寝かせておくのですが、そんなことは気にしません。

粘土ができたので、轆轤に据えて、作品作りに取り掛かります。

Dscn0250今回は”彩泥線象嵌”の花瓶にしました。

先ず轆轤を廻し、花瓶の形にひき、1日置いておきます。

2日目は、本体の削りと高台を整えます。

3日目は、墨で模様を入れる目印を付けていき、針で模様を刻んでいきます。
次いで、黒の化粧土でを刷毛でぬっていきます。

とりあえず、この時点で完全に乾燥させ、素焼きまで持っていきます。

 写真の花瓶は、墨で付けた目印が残っていますので、見栄えの良いものではありませんが、素焼きすると目印の墨が消えますので綺麗(?)になるはずです。

 今回、いろいろな土が混ざっていますので、どのような本体の色になるかわかりません。出来上がりの本体の色が期待半分不安半分です。

« 京都・雨宝院の桜を・・ | トップページ | 湯呑と一輪ざし »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/57158709

この記事へのトラックバック一覧です: 再生粘土で花瓶作り:

« 京都・雨宝院の桜を・・ | トップページ | 湯呑と一輪ざし »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

無料ブログはココログ