« 高松城跡天守台に登ってみました | トップページ | 信州のお城めぐり・・・その1(小諸、上田) »

輪花の中皿です

轆轤を廻して、中皿を引いてみました。

20130426 粘土は、仁清土を使うつもりで、箱を開けたところ、購入後約1年経過しているため、少々硬すぎる~。

仕方がないので、適度な硬さに水を加えて練り直すことから始めます。

 こんな時、土練機があれば簡単なんでしょうが、アマチュアはそうはいきません。時間を掛けてせっせと練って、練って・・・・ (今の時期だからいいのですが、もう少し暖かくなってくると、大汗をかきます)

 準備が整ったら、轆轤に据えて、よく叩いて叩いて粘土を締め、皿を作ります。

 何とか皿が出来たのですが、何の変哲もない円形ですので、外側から6か所、指で押して変化を付け、輪花状の皿にしました。

 これで1日おいて、高台を削ります。(写真)
今のサイズは、直径24cmですが、焼成後は一回り小さくなり22cmくらいになるはずです。

 このままでは、白一色の皿ですので、素焼きした後、和紙染めで模様をつけようかどうかと思っています。
(和紙染の方法を学ばないといけませんがね・・・・)

« 高松城跡天守台に登ってみました | トップページ | 信州のお城めぐり・・・その1(小諸、上田) »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/57250802

この記事へのトラックバック一覧です: 輪花の中皿です:

« 高松城跡天守台に登ってみました | トップページ | 信州のお城めぐり・・・その1(小諸、上田) »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ