« 蹲る、ようやく焼成 | トップページ | 河津桜は見頃だった »

100名城の一つ、山中城へ

河津桜のリベンジに行くついでに、三島と元箱根の途中にある山中城へ行ってみました。

 ここは、箱根山中標高580mの国道1号線脇に残る城跡で、国史跡に指定されている城跡です。 もちろん天守閣も櫓もありません。
 戦国時代に築城されたもので、豊臣秀吉の小田原攻めの備えるために大きく改修された高大な山城で、自然の地形を利用した堅固な城のはずでしたが、豊臣秀吉による攻撃のため、わずか1日で落城したものです。

三島から元箱根行のバスに乗り、山中城跡で下車すると大きな看板が立っています。
2201303032013_0303_5920130303
写真左の方(縦書き)が本丸跡側。
右の方(横書き)が岱崎出丸側になります。

到着するとすぐに、帰りのバスの時間を確かめようとバス停を探しますが、さっぱり見当たりません。 蕎麦屋の方に尋ねると、100mほど下ったところにあるとのこと。 なぜ向かい合わせにしないのでしょうかね。 

本丸側だけで1時間、全体で2時間コースでしたが、折角来たのですからzwん対を歩いてみることにしました。 遊歩道も整備され、公園になっています。

3201303032013_0303_2_21020130303

2013_0303

2013_0303_38201303032013_0303_8ここは畝堀や障子堀が綺麗に復元されています。 遊歩道横の樹木は伐採され、切り株は滑り止め(?)のためでしょうか格子状に切り込みがなされています。 周囲の景色を眺めながら、これらの堀跡などを見てハイキングのつもりで時間を過ごしました。

20130303_2また、この城の中に箱根旧街道が取り込まれており、この石畳も森林浴のつもりで少し歩いてみました。

思った以上の大きな城で、綺麗に復元されており、ツツジの咲く時分ならもっと気持ちよかったのではないかと思った次第です。

20130303_3最後の締めとして、 入り口わきの蕎麦屋さんで名物(?)の”寒ざらし団子”を食して、山中城を後にし、明日の河津桜見物のために、伊東温泉に向かいました。

ちなみに団子は6個入りで300円ですが、写真はすでに2個食べた後です。

 

2013_0303_2

2013_0303_9

« 蹲る、ようやく焼成 | トップページ | 河津桜は見頃だった »

城、城跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/56908020

この記事へのトラックバック一覧です: 100名城の一つ、山中城へ:

« 蹲る、ようやく焼成 | トップページ | 河津桜は見頃だった »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ