最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 素直じゃない(?)花瓶 | トップページ | 3月度の本焼成が完了 »

3月度の本焼成の準備

 3/18天気予報では風雨強く大荒れの予想でしたが、雨も降らず暖かい風が少し吹いているくらいでしたので、本焼成の準備をすることにしました。

 素焼きした作品が、いくつか溜まり、場所をとるので、釉薬をかけて窯に詰めておき、明日にでも本焼成をしようと思った次第です。

今回の作品は、乳白釉と、透明釉、飴釉、藁灰釉を使用することにしました。

 直径25cm位の鉢があったのですが、これはマスキングテープを使って釉薬を掛けないラインを残すことにしました。
 手元のマスキングテープは、幅が6mmもあり、やや広すぎるので、半分の3mmにして使うことにします。

その他の作品は、乳白釉単独のものと、飴釉と藁灰釉の重ね掛けのもの、さらには本体に模様の入っているものは、透明釉にしています。

Dscn0225とりあえず、今回釉薬を掛け、窯に詰めた状態ですが、少し空間がありすぎるようですね。素焼き作品がもっとたくさんある場合は、同じような高さの作品をを揃え隅からきちっと詰めて入れていくのですが・・・・今回は、適当に詰めていますので、段数も3段しかありません(多いときは5段の場合もあるのですがね。)

予定では、明日の夕方にSW-ONし、、焼成完了は木曜日(21日)のつもりです。

« 素直じゃない(?)花瓶 | トップページ | 3月度の本焼成が完了 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/56982103

この記事へのトラックバック一覧です: 3月度の本焼成の準備:

« 素直じゃない(?)花瓶 | トップページ | 3月度の本焼成が完了 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ