最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 3月度の本焼成が完了 | トップページ | 陽気に誘われ、空港公園の桜を見に・・・ »

花瓶と小鉢に手を加えて・・・

桜も平年よりも1週間以上も早く開花し、暖かくなってきましたので、轆轤を廻しました。

今回は、花瓶と小鉢です。

20130323_2_2花瓶は、四角形で少し荒々しい表面にしようと考え、
1. 先ず普通に轆轤で挽きます。
2. 次に、少し乾いた段階で、叩き板で本体を叩いて、四角に近い形にします。
3. そのあと、鉋で本体表面をざっくりと削り、凸凹にします。
4. 最後は、本体に、黒と白の化粧土を刷毛でぬって、形造りは完成です。

このまま完全乾燥させ、焼成となります。

次は、小鉢です。

1. これも最初は、轆轤で小鉢の形を作ります。
201303232013032332. その後、少し乾燥が進んだ段階で、高台部分を削り、形を整えます。
3. 次に白化粧土を刷毛で器の内側に塗り、そのまま半日置きます。
4. 次は、器の外側に水色の化粧土を塗り、これも半日置きます。
5. さらに、白の化粧土を、水色の化粧土の上に塗り、水色の化粧土を覆い、1日置きます。
6. 最後は、部分的に器の外を削り、器の赤土と水色と白の化粧土が見えるようにして、形造りは終わりです。今回は、同じような間隔で削ってみました。
7. この段階では、茶色と白と黒に見えますが、焼成したらどのような模様になるのでしょうかね。 この段階ではまだ実際の色はわかりません。

いずれも本焼成は、5月の連休頃になると思いますが、完成したら紹介します。

« 3月度の本焼成が完了 | トップページ | 陽気に誘われ、空港公園の桜を見に・・・ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/57039881

この記事へのトラックバック一覧です: 花瓶と小鉢に手を加えて・・・:

« 3月度の本焼成が完了 | トップページ | 陽気に誘われ、空港公園の桜を見に・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ