最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« ロウバイは満開で見頃だけど、梅は未だだった | トップページ | 好きな日本の『やきもの』・・・記事 »

久々に紐作りでコップ作成

 ここのところ、気温が低く、水も冷たいので、粘土を扱っていませんでしたが、そろそろ作品作りに取り掛かろうと思い、粘土のバケツを見てみると、ビニール袋にテニスボール大の粘土が包まれ、ポツンと残っていました。 

 何の粘土か広げてみると、白の土に、緑の顔料を練りこんだ粘土でした。
未だ水が冷たいので、あまり水に手を浸さなくてもよい紐作りでコップを作ることにしました。
そういえば、ここのとことしばらくの間、紐作りはやっていません。

 先ず、粘土を練り直し、硬さを調整します。 粘土をしばらく置いておくと、いくらビニール袋に入れているといっても、周囲と内部の硬さが違って来ます。そのまま紐作りにしますと、柔らかい部分と硬い部分の厚みが異なってきますので、古い粘土は、よく練っておくことが必要かと思います。

220130215紐を積み重ねてコップ本体の形を整え、1日そのまま置いておくと、削りにちょうど良い硬さになっています。

カンナで形を整え、高台を作り、作者の印を高台内に押して、形は完成です。

そのあとは模様つけです。

もうすぐ桜のシーズンとなりますので、今回、桜の花模様を入れることにしました。

桜の印花を押しつけ、模様を入れていき、少し乾燥が進んだら、花模様の上に、ピンクの化粧土を載せていきます。 
乗せ終わったら、次は、黄色の化粧土を、花の中心部の置いていき、完成です。

後は、乾燥させて、焼成に入ります。(4月までに完了する予定です)

« ロウバイは満開で見頃だけど、梅は未だだった | トップページ | 好きな日本の『やきもの』・・・記事 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/56784488

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に紐作りでコップ作成:

« ロウバイは満開で見頃だけど、梅は未だだった | トップページ | 好きな日本の『やきもの』・・・記事 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ