最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 鬼の人形・・3体目 | トップページ | 沖縄の旅(城めぐり他)・・(2) »

沖縄の旅(城めぐり他)・・(1)

列島を寒波が襲った1/14、3泊4日の予定で沖縄へGO

出発当日は、空港に着くまでは霙が次第に雪になり、空港も滑走路以外は一面白くなっており出発ロビーも節電に努めているのか足元が寒かった。

沖縄行きは定刻に出発、沖縄は強風で海は大荒れ、那覇空港着陸前は横揺れしていましたが無時到着。

那覇に到着したとたん感じたのは・・・暖かい・・・その筈です、15度の温度差があります。

このため、出発時ジャンパーの下に着用していたセーターを脱ぎ、いざ観光へ。

レンタカーは、1500ccクラスを予約していたのですが、代わりに1800ccのプリウスが配車、この日は首里城だけにしました。

目当ての首里城に向かいます。 運転して気がついたのですが、道は曲がりくねっている、交差点は3差路や5差路などが多い、坂道が多い、車線は片側が1車線で反対側が2車線というように数が違う、バイク(スクーター)が堂々と片側2車線あった場合の真ん中を走っていくことです。このため運転には非常に気を使います。

2013_0114_5

首里城は高台にあるため、風も強かったのですが、高松とは15度Cの気温差があり、観光には快適な気温です。

あいにく2000円札のデザインになった守礼門は工事中で足場で囲まれて見えません。  周りの観光客の方たちも残念がっていたようです。

守礼門の足場の間をくぐって次に進みます。
歓会門から本殿(?)の屋根が見えます。石垣が立派です。本土の城とは違い、石垣は曲がりくねっています。
正殿、南殿、北殿の中に入り見学していきますが、いずれの建物も写真を撮るのを忘れてしまいました。

この城は、中国の城の影響を受け、門や各種の建物は漆で朱塗りされており、瓦は赤い琉球瓦が使われ、建物の装飾に龍がいたるところで使われています。また、石垣も本土の城のように直線的でなく、万里の長城のように緩やかなカーブを描いており、本土のお城地違って、建物は石垣の中にあるといった感じです。(本土のお城は石垣の上に建物があります)

また、各所で復元工事が行われており、立ち入りが各所で禁止されていました。

当然この首里城は日本100名城に入っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(沖縄は、これ以外に、今帰仁城中城城がありますが、ここはあす以降訪れることにしています。)

« 鬼の人形・・3体目 | トップページ | 沖縄の旅(城めぐり他)・・(2) »

城、城跡」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/56566918

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の旅(城めぐり他)・・(1):

« 鬼の人形・・3体目 | トップページ | 沖縄の旅(城めぐり他)・・(2) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ