« 九州の城めぐり(4日目)・・最終日 | トップページ | 閑谷学校の櫂の木の紅葉は今年も駄目だった »

轆轤を廻して、中鉢としのぎの花入れ等です。

11月最初の轆轤を廻しての作品は、中鉢と花入れで、残った粘土をタタラで伸ばして、掛花入れを作りました。

2012_1113_135439imgp0003花入れは、どちらも高さ25cm程度で、中鉢は直径20cmくらいです。

掛け花入れは、四角柱で、彩色線象嵌で模様を入れることにし、とりあえず、針で線を刻み、白と黒の化粧土で色つけしています。

作品全体に入れるより、部分的に入れるだけの方がすっきりしますので、今回は作品の上部のみに入れています。

しのぎの花入れは、左下がりに斜めの彫り込みを入れてみました。
粘土が軟らかいときにフリーハンドで彫っていきますので、結構気を使います。(疲れた~)

このため、残りの中鉢は、釉薬を重ね掛けすることで模様を入れることにしました。

出来上がりは、年末ですかね・・・・

« 九州の城めぐり(4日目)・・最終日 | トップページ | 閑谷学校の櫂の木の紅葉は今年も駄目だった »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/56105380

この記事へのトラックバック一覧です: 轆轤を廻して、中鉢としのぎの花入れ等です。:

« 九州の城めぐり(4日目)・・最終日 | トップページ | 閑谷学校の櫂の木の紅葉は今年も駄目だった »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ