最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 11月最初は、鬼の人形から | トップページ | さぬき市の野間コスモスの里が見頃 »

鬼の2体目は、少しメタボの門番さんほか

11/2 鬼の2体目は、少しメタボ体系になってきた門番さんです。

2012_1102_111247imgp0008

このため、パンツが下がるのを防止するため、サスペンダーを着用したものにしています。
さらに、1体目と違うのは、角が2本あることと,
左手はグーを握り、”がんばるぞ”という意思を表しています。
最初は台なしで本体で立つように作ってみたのですが、金棒があるためやはり台に置いたほうが良いようですので、台に付けて安定するようにしました。
そうすると、もう少し足を小さくしたらもっと良くなるようにおもえます。
これで2体作りましたが、次は遊んでいる鬼を作ろうかとおもっています。
・・
その他に作ってみたのは”カエル”です。

2012_1102_111139imgp0007

大口を開けた”カエル”が主です。
本体が少し大きくなりすぎたカエルは、小さいカエルを背中に乗せて”おんぶカエル”にしてみました。
丸っこいカエルと胴長のカエルがありますが、丸っこいほうが面白いようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それにしても、11月の声を聞き、寒くなったとたん、粘土の乾きが遅くなりました。
このため、夏なら3日ほどで乾燥完了し、焼成するまでの作品の置き場所として、窯の中を使うことができたのに、今は10日以上はかかるようになってきたようで、作品を作るのはいいのですが、置き場所がないので、苦労しています。(重ねることはできませんので・・)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高松市の福岡会館の入口に11月松までの予定で、小生の作品を一部展示しています。
近くにお越しの節は、覗いてみていただければ幸いです。

« 11月最初は、鬼の人形から | トップページ | さぬき市の野間コスモスの里が見頃 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/56020450

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の2体目は、少しメタボの門番さんほか:

« 11月最初は、鬼の人形から | トップページ | さぬき市の野間コスモスの里が見頃 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ