最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« マウリッツハイス美術館展観賞で神戸市立博物館へ | トップページ | 一輪ざし »

10月度の本焼成です

素焼の済んだものが窯いっぱいにたまったので、本焼成です。

今回は、透明の釉薬が中心で、釉薬もずぶ掛けではなく、刷毛塗の物と半々です。

2012_1004_080948sany0003釉薬を刷毛塗りにした場合、釉薬の厚さが一定ではありませんので、透明の釉薬でも、少し濃淡が出ますが、見方によってはいいものです

写真は、今回焼成が済んだもので、中皿、小物入れ、カップ、花入れなどいろいろあります。 
焼成の結果、一部釉薬がはげたりしている物があるため、焼きなおしが必要なものもありましたが、これらは写真内にはありません。

中皿も、印花を押したものや、鎬のもの、透かしを入れたものなどいろいろです。

もちろん先日作った、フレンチブルドッグもあります。

2012_1004_202603imgp0004

左の写真が、完成したフレンチブルドッグで、右の物は、パーマンみたいになっちゃいました。 ペーパーウエイトぐらいにはなりますかねえ。

« マウリッツハイス美術館展観賞で神戸市立博物館へ | トップページ | 一輪ざし »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55813110

この記事へのトラックバック一覧です: 10月度の本焼成です:

« マウリッツハイス美術館展観賞で神戸市立博物館へ | トップページ | 一輪ざし »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ