最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 布目模様の皿と猫の小物つくりの続き | トップページ | 芸術の秋、美術館巡り »

伝統工芸四国展へ

10月18日、毎年この時期に開催されている”伝統工芸四国展”に行ってきました。

Photo会場の三越高松店新館5Fに行くと、平日ですから、見に来ている方もあまり多くはありませんので、自分のペースでゆっくり見ることが出来ます。

陶芸、漆芸、木竹工、染織、諸工芸(ガラス、七宝など)ですが、陶芸と漆芸で9割程度占めています。

全部で136点ありましたが、ほとんどに販売価格がついており、紹介ラベルの右下隅の数字でわかるようになっています。
安いものは3万円台から高いものは200万円台までいろいろとあり、いくつかは売約済みとなっていました。

四国展鑑賞後、美術画廊で開催されていた”伝統の技・四国の名工展”も覘いてから、帰宅しました。

いずれの会場でも、自分の作品を作る時の参考にしようと思い、作り方などを考えながらじっくりと見せていただきました

« 布目模様の皿と猫の小物つくりの続き | トップページ | 芸術の秋、美術館巡り »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55917858

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統工芸四国展へ:

« 布目模様の皿と猫の小物つくりの続き | トップページ | 芸術の秋、美術館巡り »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ