最近のトラックバック

  • 犬山城 (青春18切符で行く,日本の「城」巡り34)
フォト

« 10月度の本焼成です | トップページ | 石膏型をつくり、それで小鉢をつくります »

一輪ざし

久々に轆轤を回し、一輪差しを引いてみました。

今回は、白の粘土が少し余っていたので、それを使いました。

2012_1005_185849imgp0006

ろくろで挽いた時の大きさは、高さ28cmで底部は7cm、上部は5cmというもので、轆轤目を表面に残しています。
 
出来上がりは、15%程度縮みますので、高さは23cm、下部の直径は6cm、口の直径は4cmくらいとなり、一回り小さくなりますので、使いやすい大きさではないかと思います。
 
上部は高さをそろえずに、でこぼこのままで、自然な感じを残したものにしています。
 
仕上げは、ずっと後になりますが、白の粘土なので、釉薬は乳白色にするか黒にするか思案中です。

« 10月度の本焼成です | トップページ | 石膏型をつくり、それで小鉢をつくります »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55819713

この記事へのトラックバック一覧です: 一輪ざし:

« 10月度の本焼成です | トップページ | 石膏型をつくり、それで小鉢をつくります »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ