« 高宗窯の作品展示会へ | トップページ | 紅葉シーズンの幕開けは、八ヶ岳の白駒池から・・・ »

猫(?)の小物と恒例の線象嵌の花瓶

猫の置物(?)です。

先日は、フレンチブルドッグでしたが、今回は猫にしました。

2012_1013_150044imgp0003・きちんと座っているポーズ  
・横になっている時、頭だけを起こして周囲をうかがっているポーズ
・大の字にあおむけで寝ていた時、足を起こそうとしているポーズ
の3体です。 

これからも折りを見て、いくつか異なったポーズを作っていくつもりです。
目標は、20体以上としています。

2012_1013_145942imgp0002それから、恒例の彩色線象嵌の花瓶です。

本体の粘土は、萌黄色(?)の土を顔料を混ぜて作っていますので、実際の色は焼成してみないとわかりません。

写真では、灰色の粘土で本体を作り、白と黒の化粧土で彩色したようにみえますが・・さて、焼き上がらいはどうなるのでしょう。

 
楽しみの反面、変な色になったら・・と心配な面もあります。

« 高宗窯の作品展示会へ | トップページ | 紅葉シーズンの幕開けは、八ヶ岳の白駒池から・・・ »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541084/55880258

この記事へのトラックバック一覧です: 猫(?)の小物と恒例の線象嵌の花瓶:

« 高宗窯の作品展示会へ | トップページ | 紅葉シーズンの幕開けは、八ヶ岳の白駒池から・・・ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

無料ブログはココログ